作成者別アーカイブ: domingo

最後の運動会

息子の小学生最期の運動会が終わった。コロナ禍での運動会は3回目。3回目にしてようやく夫婦2人が入場可能になった。上の写真は息子一年生の地域の自治会運動会。

こちらが6年生になった息子と運動会の帰り。自分の胸にも届いてなかった身長は肩を追い越していた。コロナ禍と言う事でお弁当無し、午前中で終了する。競技種目は各学年徒競走と踊り系のみ。息子の通う小学校では伝統的に5.6年生は飛翔という踊りをする。当然、5年生の時も観ているのだが、最終学年の飛翔はやはり特別。感動だった。運動会といえば父の役目はカメラ係。カメラ画面越しではなくて生で観たい。生で観ようとするとカメラがズレる。カメラ撮影場所を確保し、10分以上の踊りを肩の痛みに耐えながら撮り続ける。運動会後の夕食時にその映像を観ながらヤンヤヤンヤと笑い合う。その幸せな瞬間の為にカメラを撮っている。

運動会が終われば次の大きなイベントと言えば卒業式。あと4ヶ月ちょっとで小学校生活も終了。6年間長いようでやはりあっという間だった。もう中学生。その前に残された小学校生活を思い切り楽しんでほしいと願うばかり。

小学生の父という立場も残り4ヶ月。楽しもう。

Domingoと共に。

NOMAD BASE

愛知県三河安城にあるBRINCAR FOOTBALL PARKへ旅していたLUZ NOMAD BASEがHQに帰還した。この土日にご来店された方はいきなり駐車場に置いてあるAIR STREAMにびっくりされたんじゃないだろうか。

次の出発地は何処になるのだろうか?またBRINCARのように人と人の絆深まる旅になる事を願う。

とは言え、暫くはHQにある予定なのでこのNOMAD BASEのお披露目まで是非お楽しみにしていて欲しい。また新たな出会いを期待して、、、

Domingoと共に。

少年サッカー

久々に少年サッカー現場へ。HQがオープンして2か月。自分のチーム以外のサッカー大会。

ずーっと怒鳴っている監督がいたり、試合後、子供に説教をしているお父さんがいると思えば伸び伸びやっている子供達がいたり、色々なサッカーが詰まっていた。なんだか、物凄く子供達とボールが蹴りたくなった。

楽しく蹴りたい。

Domingoと共に。

勝負

日本フットサル代表がアジア選手権で優勝した。大会前のブラジルとの親善試合,前回のワールドカップメンバーとガラリと変わった若手中心メンバーはブラジルに圧倒的な差をみせつけられた。僕も正直、これでまた前回のワールドカップのような躍進を世界相手に出来るのか?と2年後のワールドカップを危惧していた。

そこからのアジア選手権。いつもの日本であればベスト4は当たり前。準決勝か決勝、どこでイランに当たるかが勝負の分かれ目。しかし今回はもしかしたらここ最近で最も悲惨な結果になるのでは、、とさえ思ってしまっていた。イラン以外にもアジアの国々はどこもレベルアップしている。

その心配が的中したかのように初戦のサウジアラビア戦を1-2で落としてしまう。。やはり今回は厳しいか、、、ここからベースで2年後のワールドカップのためにメンバーを鍛えていくのか、、、

しかし、日本代表はそんな不安をかき消してくれるようにその後の試合を連勝。どの試合も気の抜けない僅差での勝利。そして決勝の相手はイラン。イランの監督は シャムサイー監督 日本は 木暮監督。両監督は選手としてもアジア選手権で死闘を繰り広げていた。そして木暮監督は僕と同い年の79年生まれ。僕がフットサルを始めた頃、日本最高峰の関東リーグ所属のFIRE FOX に在籍し、日本のエースとして君臨し続けた日本フットサル界のレジェンド。

決勝は正に死闘。もはや綺麗な形など存在しない、魂と魂、肉体と肉体のぶつかり合い。こんなに激しいフットサルを未だかつて見た事があっただろうか、一回のミス、一瞬の判断の遅れが命取りなる、画面を通してでも両チームの気迫が伝わる物凄い試合だった。結果は日本の優勝。初戦でサウジに敗れた日本が優勝するなんて誰が予想しただろう。実に4回目の優勝。僕の記憶が正ければ初めて優勝したのは2008年頃、その時はイランと準決勝であたり死闘を制し優勝したと思う。その時のメンバーに木暮氏も入っていたしLuz crew の豊島もメンバーに入っていて同級生の活躍にメチャクチャ喜んでいたのを思いだす。

とにかく、今回の試合は凄かった。これなら次回のワールドカップは俄然、楽しみだ。その前のワールドカップ出場権は次回のアジア選手権にかかっている。またそこでイランに勝って出場を決めて欲しい。

そんな死闘もあり、我々にも死闘があった。

Luz crew vs escape

escapeって言うのは旅する八百屋 MICOTOYA crewだったりDomingoグラフィックも描いてくれていたCHALK BOYだったり、今回のLTTの動画に参加してくれたBURGER MANIAのSHUN君だったりが参加する月に一度活動しているサッカーチーム。FUTEBOLを生業にする我々にとって絶対に負けられない試合。。。しかし、、結果は、、5‐6の敗戦。。。これはまた本当に悔しくて、もっともっとボールを蹴るのが上手になりたいと、自分の力不足を感じた。

そして10/9は自分が担当するLUZ着用チームアニージャ湘南のホームゲームへ!アニージャは関東女子リーグ所属、神奈川でも名門チームだ。そんなアニージャのホーム戦。満員に近いお客さんが入る中、アニージャにとっては絶対に負けられない試合。何せ7戦全勝ぶっちぎり。今回もそうなるかにみえたが、、、相手は同じ神奈川のヴィエント。こちらも気合いが入っていた。まさかのヴィエント先制!アニージャには緊張が走る。前半暫く膠着状態が続く。それぞれの個性が見事に交わり、チームとしての規律もしっかりしているアニージャが徐々に徐々に押しはじめ、、、遂にゴール!そして逆転!終わってみれば3‐1。見事大勢のお客さんの前で勝利を収めた。やはり、目の前で見る選手たちは正に、強く、楽しく、美しく を体現し、本当に多くのお客さんの心を掴んだことだろう。

アジアでの死闘、北新横浜、そして女子関東リーグでの死闘。日本各地でもそれぞれの年代、舞台で死闘が繰り広げられているのだろう。そんなFUTEBOLをこよなく愛する皆様とこれからも共に楽しみたい。

Domingoと共に。

ABE-CHAN

秋晴れ、快晴からの10月スタート。

LUZ crew はBRINCAR FOOTBALL CARNIVALへ!

LUZを着用してくれてもう10年、BRINCAR FOOTBALL PARK で開催されたイベント。10月2日で期間終了となる  LUZ NOMAD BASE にとってもこの地での最後のイベント。9月30日にINして3日間、

【ABE -CHAN】

ってワードを何回聞いた事だろう。 LUZ NOMAD BASEを1人で担当していた LUZ CREW ABE はBRINCARの子供達の信頼と愛情を想像以上に受け取っていた。あるお母さんはこう言っていた。

「厳しい練習の後に凹んだ子供達が NOMADに居るABE-CHANに会って、気持ちを整えてくれていた。かけがえのない場所でした。本当に感謝しています。ABE-CHAN を連れてかないで下さい。笑」

多くの子供達、保護者の皆様は別れを惜しんでいた。それほどまでにABE-CHANの存在はBRINCARに浸透していた。 LUZ NOMAD BASEのBRINCARでの旅は今日で終わるけれど、この場所で出会った皆様とABE-CHANの旅はまだまだ続く。心と心で繋がった決して終わる事のない関係性で、子供達の夢を共に描き続けるのだろう。同じ仲間として、尊敬し、誇りに思える素晴らしい関係性。

LUZ NOMAD BASE の役割は十二分に発揮された。モバイルミニ店舗なんてただの物販出来るだけの器ではない。それは人と人が繋がれて、共に夢を描ける最高の場所。

LUZ NOMAD BASEの次なる目的地を楽しみにしつつ、、、1年間お世話になったBRINCARさんへは感謝でしかない。本当に有難うございました。

明日からHQ。なんだかHQ SHOPが久しぶりな気がするほど充実した3日間。自分達のお店も NOMAD BASEのように関係性を高めれる存在になろう。

Domingoと共に。

FUTEBOL

HQがオープンして2か月弱。嬉しい事に本当に多くの方々が遊びに来てくれている。特に三連休は忙しい時間を過ごさせてもらった。1日中、店頭に立ちっぱなし。次から次へと来るお客様のFUTEBOL STORYを聞く事が楽しい。

子供達はずーっとCOURTで蹴ってるもんだから、お父さん、お母さんはゆっくりお買い物に美味しいcoffeeを。喉が渇いた子供達はオレンジジュース。手前味噌になるが本当にイイ空間だなと思う。

秋が到来し、長袖、長パンSTYLEに突入してきた。自分のチームで子供達と蹴る時間も飽きる事なく幸せな時間。入ったばかりの1年生がゲームで初めて決める得点に感動し、

2ヶ月ぶりに参加したPAI de Domingoではガンガンボールを蹴り、月に一度のシニアリーグでもガンガンフットサル。FUTEBOLはやはり光と陰の連続。イイ時もあれば悪い時もある。前節は中々手ごたえを感じたりもしたけれど今節は3連勝したものの個人的にはイマイチ。次回上位リーグ。新しいチームとの対戦になるだろうからまたイイ刺激を受けたい。

さぁ来週もまた楽しみな事が待っている。何事も前向きに楽しく。

Domingoと共に。

楽しい時間

そう、僕らは知っている。この楽しくも最高な時間はあっという間に過ぎ去って行く事を。

毎年の恒例行事になったMIIDAさんと8chang、DJ SHIOが織りなす特別な空間にお客さんも僕らスタッフも酔いしれている。イベント1番乗りのお客さんは目の前でアートスプレーするMIIDAさんを爛々としたまるで子供に戻ったような眼差しでとても楽しそうだった。

スタッフ達は子供を連れて来て、待ち時間はコートでFUTEBOL。音楽とアートとボールにcoffeeの香りが漂う空間は本当にPARAISO(楽園)。LUZeSOMBRAアイテムにも度々プリントされているPARAISO。LUZは実際に実現させている。

本当の本当の幸せ時間。もっと沢山の人たちに知って欲しい。この最高なアーティスト達を。それを草の根で伝えていく事も僕達の使命だろう。

子供達とお父さん、お母さんが皆んなでこの2人のアートを楽しそうに眺めている光景を間近に見れて感動した。人が創り出すアートは人の心を動かす力がある事を間近で感じれた事に感謝。

いよいよ明日で最終日。まだ午後は若干空きがあるのでお店に連絡下さい。

また明日も感動を。

Domingoと共に。

幸せな時間

LUZ culture shopからずっと続けてきているイベントが今年も開催!

数あるイベントの中でも一番STAFFが大好きなイベント。

Kads MIIDA Live SILK SCREEN EVENT&POP UP STORE

LUZ ONEカテゴリーのグラフィックを沢山創り出してくれている巨匠 Kads MIIDA氏とPrinter 8changの織りなす世界は本当に本当に心地いい。SOUND LUZ DJ SHIOがセレクトするMUSICも相まって本当に心地いい空間。それを新たなSHOP HQ で出来る事が何より嬉しい。是非とも味わいに来て欲しいひと時。

HQ SHOP Cafe DomingoではONIBUS COFFEEやビールにソフトドリンクも用意。更に嬉しい事にHQ OPENイベント時に出店してくれたFatty Dragonの美味しいタコスもあって、店内にはボールを蹴るコートまである。。。これはまさにPARAISO(楽園)以外の何物でもないだろう。LUZにしかできない唯一無二の空間が出来上がる。

FUTEBOLしかしてこなかった僕等にとって、LUZと出会い更に世界が広がる。FUTEBOLブランドならFUTEBOLアイテム売ってりゃいいじゃん。という事ではなくLUZに関わるアーティストやDJ、食にcoffeeに色々な遊びの部分もドンドン共有したい。

例えば、年がら年中FUTEBOLしかしていなかったら、きっとその人のプレーは想像通りのプレーなはず。だけど色々な遊びを取り入れている人はきっと【想像を超えるプレー】が出てくるんじゃないか?自分自身は常にファンタスティックなプレーをイメージしているが、、、、現実は、、、笑だけどLUZ SHOPに来れば、FUTEBOL以外の楽しみもある!って子供達がイメージしてくれたら本当に嬉しい。

9月の3連休初っ端(9/17-19)はまずはこれを是非とも味わってほしい!全日1時間2組の予約制なので是非お気軽にHQ SHOPにお電話ください。

詳細はコチラ↓

9月17日(土)-9月19日(祝月) 
11:00-18:00 
LUZeSOMBRA HEAD QUARTERS

LUZeSOMBRA,DomingoアイテムやHQ SHOPの壁画グラフィックでおなじみ、Kads MIIDAさんのプリント版を選んで、好きなプリントカラーを決めて、 お気に入りのアイテムの好きな場所にプリントできます!

世界で1枚のスペシャルなLUZアイテムの誕生! 
是非、LUZとKads MIIDAさん、8changの織りなす世界観を感じに来てください!


【予約詳細】

※完全予約制
予約受付 : LUZ HQ SHOPに電話もしくは店頭のみ先着順受付となります。

※SNSでのメッセージやコメントでは対応できませんのでご注意ください。
 
全時間、00分~ と 30分~ の1時間2組限定 
13時-14時の間は休憩タイムになりますのでご予約は出来ません。 

1刷 2,000円~ 
MIIDAさんによるスプレー加工も別途料金で追加可能。 
プリントはLUZ,Domingoアイテムに限ります。 
1組3刷までとなります。 


ご希望の日時をSTAFFまでお電話ください。 

LHQ SHOP TEL:045-594-9270 

さぁ!心地いい空間を楽しみに、、、1週間頑張ろう。

Domingoと共に。

太陽と月

サッカー系小説を書くはらだみずき氏が新しい本出したよ!とチームメートから教えてもらい、速攻でAMAZONでポチる。

ただ、時期はHQ SHOP OPEN間際で中々読む時間がない。僕の読書時間は通勤時だけ。OPEN間際は車で通勤していたので欲しい本は買うだけ買って、たまっていく一方だった。OPEN後は落ち着いて電車通勤も増やし、むしろ本が読みたくて電車で行っている。

【太陽と月】は対照的な2人の少年のジュニアユースクラブを選ぶ話。

最近の小学校高学年のサッカー少年のジュニアユースクラブ熱は最高潮に加熱している。まるで中学受験のように、、、偏差値の最も高いJリーグのジュニアユースを最優先候補として、ダメだったら順に強いカテゴリーに所属しているチームを目指す。それは本当に聞いていると受験のよう。今の時代は情報も直ぐに手に入るし噂も飛び交うので選ぶ方も大変だ。

 

プロ選手を目指すためにサッカーをやるのか。

サッカーが大好き過ぎてプロ選手を目指すのか。

両者の意味合いはかなり違うと思う。少年サッカー人口から割り出すと6年生のおよそ600人に1人がプロになれる確率だという。当然、Jリーグの下部組織に入ったほうがプロになる確率が高いのか?結果は誰にも分からない。

強いチームに入ってBチームに入る事がいいのか?弱いチームに入って試合に出るのがいいのか?チームの方針は子供に合っているのか?コーチはしっかり一人一人と向き合ってくれるのか?結局入ってみなきゃわからない。特に中学年代なんて身体が大きくなり選手自身の心情も大きく変わる時期。ここに入って良かった。って結局入ってみないと分からない。

ただ一つ言えることは自身が思いっきりサッカーに夢中になれるかどうか?それはどこに入っても継続しなければいけない事だと思う。負けず嫌いだから上手くなりたくて夢中になれるのか?真剣勝負を楽しめているから夢中になれるのか???

LUZ CREWも皆子供の頃はプロサッカー選手を目指していた。プロになった奴はリンがアルゼンチンでプロになったくらい。社員40数人のうちプロになったのは1人だけだ。プロになれなかった僕らはボールを蹴るのを止めたかといえばモチロン止めていない。むしろ、蹴り続けている。

【生涯現役】

プロの舞台だろうが、Jクラブの下部組織だろうが、部活だろうが、FOOTBALLはFOOTBALL。どこでも楽しめるのがFOOTBALL。HQの小さなコートでもボールと2人以上の相手が居ればそれはFOOTBALL。生涯FOOTBALLを好きで好きでたまらない事もまた幸せな人生だと思う。

例えプロになれなくても、生涯FOOTBALLは楽しめる。だからFOOTBALLは世界中で愛されているスポーツなんだと思う。それぞれがそれぞれのフィールドで楽しめる環境を作る事が僕たちの使命かもしれない。

【太陽と月】

もしかしたら はらだ氏 はLUZeSOMBRAの名の如く、FOOTBALLの光と陰を表した題名にしたのかもしれない。

ジュニアユースクラブへ進む事とは無縁なウチの子供サッカーチーム。へたくそでも必死にボールを追いかける。それもFOOTBALL。

さぁ、明日も蹴りに行こうか?

Domingoと共に。

1週間

1週間が、というか夏があっという間に終わっていく。2022年の夏は間違いなくターニングポイントになった夏。LUZeSOMBRA HQのオープン準備からオープン。これに尽きる

仲間達と共に達成したオープン!これは何度やっても楽しい。オープンしてもうあと1週間であっという間に1ヶ月。沢山のお客さんが来てくれて楽しい時間は本当にあっという間。

そんなオープン準備があったから、、、なんて言い訳になってしまうが、自分のFUTEBOLは少し抑えめだったかもしれない。

そんな中でも、子供のサッカー合宿に行って、リフレッシュ。

夏らしく花火やら肝試しやらしたりして、

夏らしい遊びも出来た。自分の家族を巻き込んでの合宿と言う名の遊び。最高に楽しいひと時。そんな合宿も一瞬で終わって、やっと落ち着いたルーティンに戻ってきた。

猛暑ではない、夏らしい夏の1日に子供サッカーの通常活動があって、娘も息子もLUZを着て思い切り蹴っている。

そして遂にいつもマネージャーをやっていた奥さんまで蹴り始めた!

中学時代、100mで全国大会にまで出場した我が家で1番スポーツマンな奥さん。最近医者に運動不足だと指摘され、サッカーをやり始めた。6年生と本気で競り合い、派手に転ぶほど楽しんでいたようだ。このままサッカーにハマって孫がチームに入るまで一緒に楽しめれば最高。

夏が終わりだよーって空が伝えてくれた今日の日曜日。自分のシニアリーグにはなんと1ヶ月ぶりのチームへ参加という始末。メチャクチャ体力がなく、かなり失点にも絡んでしまったが、チームメイトのお陰でなんとか3勝。こっから上げていこう。

特別な2022年の夏は終わる。何事も楽しい時間はあっという間。一瞬、一瞬の時間を噛み締めて、、、明日からまた楽しもう。

Domingoと共に。