最年少

左40歳         右22歳

 

会社最年少の入団だ。 私が18歳の時に生まれた彼は、中学校は学級委員をやっていて、チームでは常にキャプテンだったような、自分とは全く正反対だった。

同じ年代では友達になっていたかどうか。そんな彼のこれからの活躍が楽しみであり、そんな様々な人間の集合体である会社がやっぱり面白い。

いよいよ緊急事態宣言が解除される。

今までの日常がもう戻ってこない?という不安と新しい生活様式はいつまで続くのか?という不安。いつから思いっきり蹴れるのだろう?という不安。

stayhome中は早く明けてバリバリ動きたい!と思っていたが、明けたら明けたでこれから始まる日常に戸惑いそうだ。。。

しかし、それは皆同じ。皆が皆、これから始まる事は未知の領域。初めての事だ。

そんな状況の中、これから始まる生活に臆していない感じの22歳。会いに来てやってください。

さぁ、いよいよ始まる。

Domingoと共に。

浜松店再開とInsta LIVE

浜松市の緊急事態宣言解除をうけて、LUZeSOMBRA Hamamatsuは5/13より短縮時間にて営業再開。新しい生活様式での再開で、お客様には色々とご不便をおかけしますが、ご理解いただきましてご来店頂ければと思います。

火曜定休

平日 12:00-18:00

土日祝日 11:00-18:00

にて再開しております。

 

神奈川県はまだまだ緊急事態宣言下なので、LUZ culture shopは店舗を開けることは出来ませんが、このような状況で店舗スタッフで何が出来るか?という点で出た結果が

 

Insta LIVE  

 

でした。もちろん、初めての挑戦。4月から店長になったSatoruに至っては、まだまともに店頭にも立っていない中で、この取り組みに果敢にチャレンジしてくれた事が本当に嬉しかった。

今まで販促部にいたSatoruが店舗の立場になり、出した形がまた最高だった。結論から言えば大成功だったと思う。

3密に気を使いながら、出演したMinoriとKakkyが終わった後に行ってくれた言葉は『楽しかった!』

 

ネガティブな状況の中で、、、

 

新しいチャレンジをして、、

 

なおかつ 楽しめた、、、

 

これって本当に凄い事だと思う。

 

 

 

こんな状況じゃなかったら、いつも通りな感じで、写真のインスタを上げて、、、LIVE動画なんて日常の忙しさに翻弄されてまだまだ撮っていなかったと思う。

それがこの状況で、何よりお客様に楽しんでもらえたこと。本当にやってよかったんだろう。全国のお客さんと同じ空間に居るように感じれたこと、コミュニケーションを取れたこと、親近感はお互いグッと増した感じ。

コロナ禍の時だけではなく普通の時にもやってください。っていう声をもらったり、、、本当にこれからの新しい店舗STYLEっていう一面が見えた感じだ。

ONLINEとOFFLINEの垣根はもはやなく、ONLINE上で先に繋がり、いつか会うOFFLINEのREALな場所では既にもう仲が良い。っていう世界。

お買い物しにいくっていうよりはSTAFFと話したり、イベントを共に楽しんだりして商品は後で家に送っておいてっていう世界になりつつある。極論言えばONLINE上で世界中の人にお店にいるかのような接客が出来てしまうような世界。

昔ながらの店頭でお客様を待つSTYLEはもはやこれからはナンセンスと言えるかもしれない。非常に今後を考えさせるLIVEだった。

だけど、そんなONLINE上の世界が席捲すればするほど、

REALの世界の価値っていうのは本当に高まると思う。REALの世界を楽しむ。っていう事に今は皆が飢えている。五感で思いっきり蹴りたいし、焚火もしたいし、お買い物もしたい!

だからやっぱりREALも大事。ONLINE上でとことん皆と繋がり、【いつか行きたいREALな場所】になってもらえることが本当に大事だと思う。

世界中の皆さんに目指してもらえる場所になれるよう、、、これからもチャレンジしていこう。

Domingoと共に。

stayhome

stayhome期間に入って1か月ちょっと。

ここからが正念場。神奈川県は緊急事態宣言延長なので引き続き、店舗は休業だ。テレワーク継続。小学校も5月いっぱい休み。先日1か月分の宿題をどっさり持ってきた子供達。

優等生タイプの長女と典型的な男の子な感じの息子。長女はほっといても先に先に進み、期限の3日以上前に終わらせるタイプ。

息子はもう、集中力のスイッチを入れるまでが長く、難問に差し掛かると心が折れてしまう典型的な感じ。小学校では緊張感持ってやっているようだが、家だと中々やっぱり難しい。本当に量が多いので、このタイプの子には親が先生役になるしかないだろう。

これ実際父母共にテレワーク中だったりするとかなりの重労働になると思う。父母がバランスを見て、この教科は父、こっちは母とか分けてたりするんでしょうね。。。

そんな息子は自分の部屋の勉強机ではやらずもっぱらリビングで勉強をするので息子の勉強机をもっぱら書斎代わりにして、中々快適なスペースを確保している父。たまに1階に様子を見に行き息子がしっかりやっているかチェックしつつ、こんな生活が1か月ちょっとすぎたわけだ。

世界各国では、コロナと共に生きる選択というスタイルで日常に戻る国もあるようだ。

アフターコロナの世界はまた違った価値観になりそうだ。この生活で見えてきた無駄な部分、本当に必要なものやコトは何なのか?シンプルなLIFESTYLEの定着。

テレワークSTYLE。家族との時間の再発見。フットボールのある日常。iPhoneの重要性。これからの店舗再開に向けた不安。

アフターコロナにおいてはガラッとこれからの価値観が変わりそうだ。

REAL の 良さ。はより研ぎすまされる。というか、、、

このコロナでかなりECストアの利便性は大部分の人が享受したはず。

わざわざREAL店舗に行く必要性とか、そこまでしていく価値のあるお店になれるかどうか?という事が問われそうだ。

LUZ SHOP はただのモノの売り買いだけにならない、そんな わざわざ行きたいお店になりたいと思う。もちろん、再開の際は最大限の感染防止策をとりながら、、、

 

そして改めて思う事。フットボールだけはREALでなくてはいけない。早く思いっきり蹴りたい。正直言えばこの狭いフットボールにはもう飽きた!

しかし、ここからが正念場。グッと堪えて、まだまだ人が多い場所には行かないように我慢。体育の授業はしっかり体育着に着替えて、、、(奥さんには本当に感謝)思いっきりLUZギアWEARを楽しんで、、、

 

メッキリこのSTYLEがお気に入り。特にこのシャワサン!!本当に楽で最高。これで買い出しは行っちゃいます。4waiパンツは2色を1日交替で履いているほど楽!マスクだけがイマイチ気に入らない今日この頃。

そして、この後は母の日の花束と手紙を子供達から母に渡すサプライズも控えている。

楽しもう。あともう少し。頑張ろう。

#stayhome

Domingoと共に。

 

誕生日

5/3は最愛の娘12歳の誕生日。

いつものGWだったら娘がやりたい事を思いっきり実行したはず。(恐らく原宿買い物ツアーa.k.a男には地獄ツアー)

しかし、もちろん今年は違う。こんな状況だけど心に残る誕生日にしてあげたい。幸いな事に、各ECショップや配送業者さん達は稼働してくれていて、しっかりと日時指定で届けてくれる。お陰で娘のささやかなホームパーティーが開催できる。今日のために、ホットプレートとハッピーバースデー風船と娘の大好物の牛タンとプレゼントの学習椅子は全てECで注文。本当に感謝でしかない。

朝から親友からプレゼントが届いたり、牛タンたらふく食べて家族で家の前でバドミントンやって、ケーキ食べてアナ雪2をこれからみんなで観る。。。

ささやかだけど、この瞬間に家族が全員揃ってお祝い出来る事に感謝しかない。

自分の誕生日が実は祖父母の結婚記念日でその祖父母のお祝いにしっかり手紙を書いて届ける優しい娘。優しすぎると心配になるくらい思いやりがある。自分の子とは思えないとはこの事でハッキリ言うと自慢の娘だ。自分の子供時代を遥かに凌ぐ優等生。(誕生日の日くらい親バカさせてほしい)

そんな娘に最後のサプライズとして弟からのプレゼントがアナ雪観た後に渡されるはずだ。

小学生最後の年。激動の年だが、最高の小学校生活だったと思えるようになってもらいたい。家族一丸で頑張りつつ、楽しもう。

#stayhome

Domingoと共に。

GW

ここからが正念場。

いつもとは違うGW。いつもの GWだったら確実にcampに行っていただろうGW。

娘の誕生日があるGW。

結婚記念日があるGW。

一生忘れられないGWになるだろう。っていうくらい最高のGWにしたい。

こんな状況だけど、こんなに家族と四六時中居る期間は後にも先にも無いかもしれない。

小売業の私にとってはある意味でGWな訳だ。

一生忘れられないGWになるかならないか、、全ては父次第。先ずは娘の誕生日。

今年小学生最後の年の娘。こんな始まりで、もしかしたら夏休みも無くなるって噂。小学生最後の年だから毎月camp行こうって決めてからのこの始まり、、、

誕生日、、家で、、一生忘れられない誕生日にしてあげたい。

そして結婚記念日。これはこれで大変重要な日だ。娘にこっそりママの欲しいものを聞き出してくれと任務を依頼。

最高な計画を立てようじゃないか。

家で、ガウンと4wayパンツが楽でしょうがない。

さぁ計画練ろう。

#stayhome

Domingoと共に

stay home

在宅勤務体制になって3週間が過ぎる。

春で良かったな。

って思う。

もちろん何もない普段の春だったら尚更なんだが、晴れと雨の繰り返しの中、晴れただけでものすごくハッピーに感じる。

ただでさえ遠出出来ないのに、雨で外に出れないだけでものすごくストレスになる。

晴れて外に出て運動する気持ち良さを身に染みて感じる。

最近なんて朝イチ、妻と一緒に近所の公園までランニングしてる!ほんの3キロ程なんだがこれがまた最高で、走る前は正直ダルさがあるのだが、走った後の爽快感が凄くある。

私の友人の名言を思い出す。

「走って後悔する事はない。」

間違いない。

走って、仕事して、昼飯を家族でとってまた仕事して、14.15時あたりから子供と思いっきり体育の授業。子供2人と3人でリフティング回し30回目標で22回までが最高。夢中になって1時間やっちゃうのがまた嬉しい。(娘の成長が目覚ましい!)

今最も注力しているのが小さな庭への植樹。苗木から育てるのが好きで植物の目覚ましい成長をボーッと見てるだけで本当に30分は過ごせる。

部屋の観葉植物も週に1度は全て外に出して水をたっぷりと与える。

春は1番の生育期。毎日の朝が楽しみなのだ。奥さんには おじいちゃん みたい。とからかわれる。

晴れた日は小さな庭にチェアを出して緑を見てるだけで幸せを感じる。

平日はcamp用の机も出して子供と宿題、仕事、読書したりもする。

こんな状況だが、、、やれる事は沢山やって楽しみたい!

春で良かった。

#stayhome

Domingoと共に。

家の前

家の前での遊びがレベル8になった子供たち。

レベル8からは1on1 ただし、父がボール保持者の味方になるフリーマン方式で実質2対1。

3点先取で勝ったほうがレベルUP。

これがなかなか面白い。大抵、息子がやはり強いのだが、娘と相談し、パパがエントラでもらってヒールで落とすからシュート打って。という戦術を使うも、シュートを外す娘。こういうゲーム形式で育った父はやはりこの形でドンドン好きになってもらいたい。

バスケは父がゴールになっての1on1。これは背の高さを生かして娘も奮闘。3点先取で勝ちだが、いい勝負で3-2で息子が大体勝つ。

こんな状況でも良い思い出が出来るように努めていきたい。コロナの時にリフティングが100回出来るようになったとか、サッカーがもっと好きになるとか、ポジティブ要素を増やしたいものだ。

スポーツ系で調子いい息子でも、宿題時間になると、イライラして大抵、父に怒られるパターン。昔の自分を見ているようだ。娘はサクサクこなす。

宿題はこなす事が目的じゃなく、自分の頭に入れる事が目的だぞ。とカタい事を言う父。子供のころの自分に言い聞かせたいものだ。

『台形の面積の公式ってなんだっけ?』の娘の質問にたじろぐ父。

夜はオセロが流行り。小学校6年の時にクラスのオセロ大会でクラス一の秀才林田さんを破り優勝したことがある父は相当の自信がある。角を易々と明け渡す子供たち。マダマダだな。

『もう一回!』

の言葉が心地いい。

#stay home

Domingoと共に。

更に膨らます

終息の見込みは未だ立っていない。

外の世界が自宅前だけになってしまった子供達。父が家にいる日はパパチャレンジとして、サッカー、バスケの課題を出してレベルアップチャレンジをしている。

娘はレベル3.息子はレベル4まで上がった。こんな状況でもリフティングが15回出来るようになった小さな喜びがある。

ウチの従業員はこの自粛期間で息子との関係性が凄く良くなったとい者もいた。

敵は強大だ。

しかし必ず人類は勝つ。蹴れなくなる日は来ない。いつか必ず蹴れる日が来る。

私は怪我で1年蹴ってない。その日が来るまで出来る事を楽しみ未来のイメージを膨らまそう。

Domingoと共に。

膨らます

3/28.29

LUZ culture shop は臨時休業をした。神奈川県知事の出した新型コロナウィルス感染拡大防止のための自粛要請を受けての事だ。

小売店業に18年間従事しているが、このような休業自粛は2度目だ。1度目は東日本大震災の翌日。2度目が今回。

こんな時だからこそ、改めて当たり前に暮らせることへの感謝を再確認。そしていつか大手を振って思いっきり外出出来るようになった時の楽しい遊びのイメージを膨らませていたい。

4月になったら、、、

遂に蹴れる!!

LCSのPai de Domingo

シニアリーグ

そして月一のMDFCに!!

 

なんだかんだ言って週1~2は蹴れるようになるはずだ。ハメを外して家族バランスを崩さないように注意が必要だ。

(奥さんと付き合っていたころ3週間のイタリア旅行から帰ってきた日に一緒に食事をしていた時、友人から蹴ろうぜ!とTELがあり蹴りに行ってしまった事があった。。。。あまりにも蹴りた過ぎての事だった。。。奥さんが怒ったのも無理はない。)

そして、月一の恒例になったLCS MOUNTAIN CLUBの活動もあるはずだ!

山登りの気持ちよさに心酔してしまった。。。次はどんな山なのか!?ワクワクしかない。

さらにサーフィンも出来る!

暖かい太陽の下でもう一度浮かんでいたい。。。

今年の目標、月一家族キャンプも実行したい!!次は大自然の下で!星の降るようなきれいな夜空や、川、湖、色々なところに行きたいと思う。

今はその準備期間だ。家で家族と楽しい未来の時間を相談しよう。

そして、気持ちよく外に出れるようになったら、思いっきり皆で楽しもう。

Domingoと共に。

 

 

LCS MOUNTAIN CLUB

LCS MOUNTAIN CLUB の活動に行ってきた。

CLUB LeaderはKackey。

Kackeyが設定してくれた山は棒ノ折山という奥多摩にあり埼玉県の山だ。登山なんていつ以来だろうか?20年前に大山に登った直後、ガクガクになった足でフットサルをやった以来か?当時は若かったもんだ。

LCS MOUNTAIN CLUBのメンバーは山レベルが設定されている。師範のKackeyはドラクエが好きすぎてレベルを設定したがるのだ。一つの山を登ったらレベルが1UPするシステム。それが富士山だろうがエヴェレストだろうが1つの山でレベルは1しか上がらないらしい。

今回のメンバーは以下の通り。

師範 Kackey Lv,12

Satoru Lv,7

Shogo Lv,3

Minori Lv,2

Mineiro Lv,2

Tsuru Lv,1

2年前に家族で行った鷹取山はレベルUP対象外。師範によるとあれはハイキングだそう。

 

 

兎にも角にも晴天に恵まれ、スタート地点 さわらびの湯 に無事に到着。

雲一つない晴天。登山道までの道のりには大きなダム。有馬ダムがあった。

登山前に皆で記念撮影。この時は皆笑顔で余裕な感じ。

 

いよいよ登山道に到着。本格的な山コースに挑む。膝が多少心配な僕は最後尾につけ余裕のあるペースで行くことにする。

師範はアドベンチャー感満載なコースを用意してくれた。始めは岩をかいくぐり、、、

 

現れたのは沢!

沢登しながらアドベンチャー感満載!!

いつしか汗だくになり、着ていたアウターを脱いだり、インナーに着ていたフリースを脱いだり、、、山登りはコマメな体温調整が必須!

皆着ているのはモチロンLUZウェア。Minoriもまだまだ余裕のこの笑顔。

チェーンを頼りにパーティーは一糸乱れず登り続けると、、、現れたのは、、、

 

 

巨岩!!!

 

 

岩と木があったら登りたがるのは男の性(さが)。目の前に登れるものがあるならば登ってしまう。そして無駄に大声で叫ぶのも男の性。わーーーっと叫ぶだけで本当に気持ちよかった。。。

常に先頭を歩き続ける驚異の自然Boy Shogoもこの笑顔になるわな。山頂に近付くにつれてなんとまだ先日降った雪が残っていた。少しでも立ち止まると直ぐにヒンヤリと山の冷たさを感じる。

 

最後の最後の階段の連続を登り続けると、、、、

 

 

 

 

遂に山頂に!!!

 

 

 

 

 

何とも言えない

 

解放感!!

 

爽快感!!!

 

達成感!!!!

 

 

これを皆で味わえるのが何とも嬉しい!

 

 

昼飯のカップラーメンが美味いのなんの!

 

ずっとここに居続けたいとさえ思える空間。

 

食後にはもちろん、Domingo coffee。こんなシチュエーションでcoffee飲めるならShogoもそりゃこんな笑顔になるわな。

 

こんな看板あればMinoriもこんな感じにもなりますわな。

 

昼飯を挟んで、下山ルートへ。誰かの作った雪だるまも応援してくれたり、、、

今回コーディネートしてくれた師範のKackeyには頭が下がる。最高なコーディネートなうえ、せっせと上から下から写真を撮ってくれまくり、、、最高の登山となった。彼がコーディネートしてくれたこの山を今度は家族と一緒に行きたいと考えている。こうやって、どんどん身近な人に楽しさを共有していくんだろう。

無事に下山後、待っていたのはなんと温泉!下山して速攻入れる さわらびの湯 。登山の疲れも一気に吹き飛ぶ気持ちいい湯だった。まだ太陽が出ている時間の風呂がまた本当に気持ちいい!!こんな時間に温泉入るの初めてかもしれない。。。

 

ShogoやMinoriはこう言った。

一緒に始めれる仲間がいる事。それに感謝。

 

40過ぎて、新たな発見や感動を味わえる。なんてすばらしい事だろう。FUTEBOLの下に集まった僕たちが、FUTEBOL以外の楽しみを皆で共有出来る環境や仲間には本当に感謝でしかない。そしてこんな仲間と巡り合わせてくれたFUTEBOLの偉大さにもまた感謝。

 

本当に良い登山だった。LCS MOUNTAIN CLUBは来月も絶賛、師範が企画中。次を楽しみにまた明日から頑張ろう。

Domingoと共に。