LUZ e SOMBRA

Facebookページ Instagramページ

『History of 天下一武道会』

2014.4.19(sat) bayside yokohama-

【2009 yokohama Bitters】

2009年に始まった天下一武道会。最初の開催地は今や伝説。
横浜のベイエリアで、老朽化し使われてない穀物倉庫「Bitters」で開催。

コートとなった場所は壁を隔ててすぐヨコは海。地面は斜めで、工事の鉄パイプが置いてあるまんま。

まさにストリート。

   

そんな状況でも本当に上手いヤツなら関係ないでしょ?!

そこでどう遊べるか

this is street

即興、インスピレーション、なにが起こるかわからない

スタイルはそういうところで生まれる

音楽はもちろんJazzySport

そしてMCにケイタ☆ブラジル
ライブペイントBAKIBAKI

インディペンデントなアーティスト達に支えられスタートした。

伝説の第一回を制したのは[ team LUZ ]のリン&ター(当時、リンは湘南ベルマーレ、ターちゃんはデウソン神戸に所属)。

テクニック、スタイル、インテリジェンス、そしてなにより「場慣れ」。そのすべてに置いてすば抜けていた。

リンはユルユルスタイルで、終始楽しそうにニヤニヤ、
ターちゃんは麦のハットに、デッキシューズに、ジーンズというオリジナルスタイル。

二人のプレーとスタイルにみんなが魅せられてた大会だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2010 cliff side yokohama】

2010年、第二回は会場を横浜の元町にある創業70年の老舗ダンスホール「クリフサイド」で開催した。素晴らしい洋館。

この大会には、ブラジルで8年間プロとして活躍した日本フットボール界の異端児、奥山光洋(奥山蹴球雑技団)が鳥取から参戦。
魅惑のテクニックで会場を沸かせた。

優勝したのはデウソン神戸「シン&マサ」のコンビ。二人のテクニックとスタイルはみんなが魅了された。
これを機にシンとマサがLUZ crewに加入する。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2011 bayside yokohama】

2011年、第三回大会。横浜で一番大きなハコ「ベイサイドヨコハマ」で開催する。

この年の大会はいろんな意味でいみ深かった。
震災直後で一時は危ぶまれた中で開催。
来場者に被災地への支援を呼びかけ、たくさんの人がボールやユニフォームを持ってきてくれた。
後に石巻へ届け、それをきっかけにこの年の11月には石巻で「天下一武道会」を開催。
被災した多くのフットボールプレーヤーが集まり笑顔を届けてくれた。

その時の様子はこちら→[IshinomakiReport]

この年から出場選手も真の意味で“天下一”になっていく。
フットサル日本代表で活躍した甲斐修侍、藤井健太、上澤貴憲、小山剛史などそうそうたる顔ぶれが参戦。

そして音楽はcro-magnonの生演奏。NOVOLのライブペイント、JamJackClanのブレイクダンスなど
カルチャー間が混ざり合い新たなシーンが生まれた。

この大会を優勝したのも[ team LUZ ]の リン、ター、シン。

ストリートでのスキルの高さに加え、勝負強いメンタリティも見せつけた。
この年からスケートシューズブランド[ i-PATH ]がルースチームのシューズをサポートしはじめる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2012 bayside yokohama】


2012年、第四回は波乱尽くめ。

常に優勝しつづけていた[team LUZ]がまさかの予選敗退。
そして名もなきストリートチーム[SYC]が決勝ラウンドまで勝ち進みゲームは大荒れ。

そのなかで優勝したのが豊島明・藤井健太・難破田治の日本代表トリオ[team GOKU]。
フットサルの日本代表選手たちがストリートでも最強であることを見せつけた優勝だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【2013 bayside yokohama】


2013年、第五回大会。この年ついにキャパオーバーになり入場規制がかかっての開催となる。

    

いまも語り継がれる決勝戦。

[team LUZ]vs[DRIBBLE JUNKYZ]。

決勝戦は時間無制限のため試合時間20分を超える死闘となる。

制したのは[DRIBBLE JUNKYZ](ペスカドーラ町田のケイゴ、森谷と、府中アスレチックスの小檜山譲の3人)。
スキルとメンタルが求められる究極の戦い。


これぞまさに

”天下一武道会”。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして第六回目となる天下一武道会がついに

2014年4月19日(土曜)ベイサイドヨコハマで開催される。

このイベントの目指すところは

【音楽やアートと融合した新たなフットボールカルチャーを根付かせること】

そして遊びにきた子供たちが

【無限の可能性を感じられる場所であること。】

その為フットボール以外にも様々なジャンルで自己表現しているアーティストが集まり、
クリエイティブな空間を演出しています。ライブペイントやダンス、カルチャーショップやフードのサイトなど、
ポジティブなエネルギーに満ちた一日を過ごすことができます。

根っこにあるのは“ストリートカルチャー”の精神。

それはインディペンデントであること。
DIYであること。
自由で、陽気で、オリジナルスタイルであること。

そしてジャンルを超えて繋がる遊び場であること。

フットボールカルチャーの最前線。リアルはここにある。

今年も完売が予想されます。チケットゲットはお早めにお願いします。

peace!!!

[FUTEBLOiSTA 天下一武道会 HP]

Text by LUZ Director : Sohshi



特集ページ一覧へ戻る
トップへ戻る