作成者別アーカイブ: domingo

フットサルとサッカー

先週から始動した校庭でボール蹴り。週1回、子供と思いきり蹴れる事は1週間のルーティンが大きく変わり、凄くフレッシュな気持ちになれる。

今週は3人新たに加わって遂に4vs4のミニゲームが出来た。やはりゲーム形式になると全ての子供たちがひたむきにボールを追いかけゴールを目指す。チームのコンセプトである【自己表現と助け合い】もなんのその。基本的にまだまだ自己表現でしかない子供達。。。笑 ここから様々な経験をしていって仲間との助け合いの精神でゴールを目指せるようにしていきたい。

小学1年生から中学2年生までの男女に加えて42歳の近所のオヤジである自分。子供達にはブラジル人のカルロスと呼ばせ自分も一緒に思いきり蹴る事を心掛けている。サッカーを教えるなんてことはおこがましく、あくまでもここは誰でもボールを楽しく蹴ることが出来る場所にしたいのだ。

子供が通う小学校は登録団体への校庭の開放は基本的に週末だけで平日は基本的に開放しない。しかし、実は団体ではなく個人的に申請を出せば放課後の学校の校庭は利用することが出来る。週末1回のサッカーが楽しく面白くなって、いつかは子供たちが自発的に放課後の学校利用を申請し子供達だけで大きなグランドでひたすらサッカーに興じるという毎日が起こる事が今の僕の目標だ。

 

娘12歳。息子10歳。

 

26歳の時に結婚し、28歳の時に生まれた娘。自分の同級生の中では結婚した年齢自体が早いほうなので、昔からの地元の友人たちの子供は大体上の子で今小学2,3年生くらいといったところ。サッカーを始めるんだよねーと、最近同級生たちが子供の靴を買いに来てくれる。正直ウチのお店はサッカー少年の靴を買うお店としては物足りないはずなのだが、LUZの靴一択で来てくれる同級生には本当に感謝でしかない。

LUZの FUTEBOLISTA は大人のフットサルシューズとは違い、初めてボールを蹴る子供にもゆったりとした設計で、足が痛い。という事が無いよう設計されている。しかっりとクッションも入っており、正直安心してオススメできるシューズ。

今日も高校からの同級生が来て、靴とウェアを買いに来てくれた。中学の同級生の女子もまた皆サッカー少年の母になっており、LUZを着てくれている。本当に嬉しい限りだ。

ふと今までの自分を振り返る。

小学4年の時からボールを蹴り始め、(地元のクラブチームのスクール。ちなみにそこのブラジル人コーチがカルロスだった。)中学・高校2年までずっとサッカーをやってきた。8年間サッカーをやっていた。高校を卒業して大学に入ると、一気にフットサルにハマった。21歳くらいの時。そこから気付けば20年!!フットサルしかやってこなかった自分。

しかし、最近は自分たちの子供がサッカーを始めたこともあり、メッキリ、サッカーの世界に入り込んでいるものの、自分たちではサッカーは全然やっていない。月に1回のPai de Domingoでのソサイチはやってはいるけれど、、11vs11なんてもう本当に10年以上やっていない気がする。。。

フットサルがサッカーに活きる。

ブラジル人やスペイン人は子供の時からフットサルもサッカーもやっているからとか、色々言われてはいるけれど、そもそも全員がフットサルを理解している人たちじゃないとそれを実践できないと思う。

そこで、、、同じようにここ20年フットサルばかりやっているオヤジ達を集めて、11vs11のフルコートサッカーをやろうと仲間と一緒に企画。

子供達がミニゲームの後、『あと何人呼べば校庭いっぱい使って試合が出来る?』とワクワクした顔で話しかけてきたのを思い出す。

久しぶりのフルコート11vs11にワクワクする自分が居る。

2週間後、決戦の地は新横浜フットボールパーク フルコート。

ポジション決めとか、、、フットサルは通じるのかとか、、、ワクワクしかない。さぁこれからもFUTEBOLを楽しもう。

Domingoと共に。

始まり

息子がサッカーを始めた。

と言っても父が立ち上げた団体で。始まりは子供5人からだった。仲の良い友達家族が参加してくれ、お父さん2人の子供5人の計7人。

まるで開始をまってくれていたような快晴の下、大きな校庭で思いっきり皆んなでボール蹴りを楽しんだ。自分自身が1番楽しまなくては絶対に皆んな楽しくならない。この団体の1番の目的をFUTEBOLを楽しむ事。好きになる事。

本当に楽しかった。息子と一緒に久しぶりにみっちり蹴り、さらにその友達達も楽しんでくれた。時間を忘れてしまい、うっかりゲームまで辿り着かないほどだった。

始めの一歩。また来週も楽しもう。焦らなくてもいい。ここから仲間を少しずつ増やして、、少しずつFUTEBOLを好きになってくれたらいい。いつかボールを蹴らずにはいられない人種になる事を夢みて、、、

Domingoと共に。

Domingo NEW

Domingoの2021シーズンも遂にスタート。販売日前日のLUZ SHOP instagram LIVE でも多くの注目を浴びたスウェットとカンポスロンTのボーダー。とにかく気分はこんなスタイル。

最近お気に入りのハナマサ

楽なスウェットパンツがとにかく欲しかった。家でも外でも楽でサマになるパンツ。早速販売日に購入し、春陽気となった日曜日に新作を着て娘とわざわざ横浜の肉のハナマサまでドライブ。昨年ハナマサの牛タンに惚れ込み、牛タン好きな娘に年末買いに行き、その時一緒に買った豚ロースがまた美味しかったのでたちまちファンになってしまった。。なので新作も着たいし、夕飯はポークステーキのトマトソースかけだと言うので、娘を無理矢理連れてドライブ。前日に母に色々悩みを相談していたらしく父にもそんな相談してくるかなと淡い期待を寄せながら、、

娘がお気に入りのmusic緑黄色社会をかけて娘のテンション上げてからのドライブ。思春期の娘はダルそうな感じとはにかむ笑顔を交互に出しながら思ったよりも色々な話をした。父が中学2年の時に初めて行ったLiveはTHE BLUE HEARTS で男友達4人で行き、怖いお兄さん達に囲まれた会場を出て帰りにラーメン食った思い出話。10代のたわいもない体験が貴重な思い出として色鮮やかに心に刻まれている。友達と色々な所に遊びに行って10代でしか味わえない遊び、体験をしたらいいよ。と。父は中学時代は本当に色々な事を体験したから母に言いづらい事は父に相談するんだよ。なんて言ってみたり。

娘が残り僅かな小学生の間にしときたい事。

飛行機に乗せたい。つくしのアスレチックに連れて行きたい。スキー場に連れて行きたい。

中学生になったら友達と色々な事をすべきだと思う。

緊急事態宣言明けてからの春休みは忙しくなりそうだ。その時はまた新しいスタイルで。

Domingoと共に。

2021 Season Start!!

2021年も早1か月が過ぎ,予想通りの緊急事態宣言の延長と微妙に減り続ける感染者数とワクチンの有効性、、、コロナにやきもきされている僕たち。

1年前とは完全に違う世界になった。

New Normal、新しい生活様式、新しい価値観、1年前と同じ思考ではこれから先楽しめないかもしれない。今までの方法ではなくこれからの時代に合った方法を実践していく事が大事なんだろう。しかし、受け入れる事は受け入れるけど結局の真理は変わらない。これもまた大事だと思う。

2021年2月5日 LUZeSOMBRA の新しいSeasonがスタートした。

FUTEBOL SEEKERZ=フットボールの探究者達

こんな時代だからこそ新たな生き方や出会いを求めて旅に出る必要があるはずだ。キャンピングカーに荷物を詰め込み未知の世界へ。その一歩を踏み出すことで、人生を変える体験となるかもしれない。こんな時代だからこそワクワクを求めて。

LUZは今までモノを作り、コトを作り、コトが連動するSTORYを背景にモノを売っていた。これからはどのような世界になるのか。日本に限れば人口は減少していくし、子供の人数も減っていく。ある意味ではコロナからドンドンネガティブなイメージをしていく人も居るかもしれない。

だがしかし、どのような状況であれ、その状況をポジティブに変換し、ワクワク楽しめるマインドに持っていけるのがLUZ Crewだと思う。コロナがあって立ち止まるのではなく、Insta LIVEのようなチャレンジを果敢にしていく事でまた新しい価値を見つけることが出来た。これからはきっとそんな事が多く続くだろう。世の中にFUTEBOLが在り続ける限り、人ぞれぞれが求める ONE を探しに行く旅は永遠にあるだろう。

Journey to ONE.

人生は旅、冒険。一歩踏み出す勇気。

THE WORKING MAN のスペシャルインタビューで古居氏も言っていた。トランジットとか意味も分からず何とか単身でBRASILに渡り、学んだ1年間。「行動に移すと結果に結びつく」「なんでもできる」旅をしたことで思えるマインド。

TWM INSPIRATION STORY これは必見です。

2021年は始まった。

この1年は物凄く転換期になると思う。物理的な旅もモチロンしたいが、これから始まる新しい人生の旅、精神的な旅の準備をし、これから起こりうる様々な事を楽しめるマインドにもっていきたい。

常に思う。今までよりももっともっと面白いFUTEBOLのある生活を。

 

半年に一度、フレッシュな気持ちで始まる新シーズン。お店もフレッシュな商品が並び、暖かい陽だまりの中、ご来店されるお客様達。そのお客様達との会話は本当に楽しく、時を忘れてしまうほど。また皆様と共に蹴り、共に喜び、共に人生を謳歌したいと思います。LCS店長サトルも今年で35歳。まだまだFUTEBOLを楽しめる。

Stay positive,

Believe Your Inspiration.

 

今回のONEのアイテムにはこの文章が刻まれている。

さぁ、新しい旅に出かけよう。

Domingoと共に。

 

散歩

コロナのせいで土日のイベントが軒並み中止になり、今月は珍しく土日休みが多くなった父。家族揃って、どこかに出かけようぜーー!!なんて開放的な事も出来ず、出来る事と言えば散歩くらい。子供がサッカー大好き少年であれば近所の公園でボールを蹴り続けたいものだが、まだまだその域には遠い。ここもまたグッと堪えて、子供のサッカーを始めるまでしばしの辛抱。緊急事態宣言が明けた2月の2週目から活動できるはずだ。

今日は娘が唯一受験する中学校の周りを家族で散歩がてら視察しに。記念受験的な感じでの受験なだが、学校の先生などにも色々資料作成もしてもらい、色々な人のご協力も頂いているので受けるからにはしっかり勉強しようと、この1月は娘は勉強モードになっている。

受けようと挑戦する娘が誇らしい。

視察の写真を撮らせてくれと言うと、12歳、6年生の娘は、、、『やだ。恥ずかしい。』とそろそろ本気で嫌がる年頃に。。。笑

しつこめな父はここもグッと我慢。自分の親は姉に対してどんなかんじだったかな?と思い出しながら我が娘と接する。しかしながら共通の趣味:本・漫画読書 好きな教科:社会 特技:絵を描く 等々共通項が多い父と娘なので全く心配はしていない。カワイイ娘だ。

ただし、しつこ過ぎるのはホドホドにしつつが大事。来週は受験。終わればもう卒業だ。受験後は父と一緒に 約ネバ の映画を観に行こう!と釣ってみる。

兎にも角にも早く思いきり蹴れる日を願う。

Domingoと共に。

雨のち曇り

緊急事態宣言下の土日、そして雨。家に巣ごもりしかない中、夕方ごろに雨が止んだので強引に近所を散歩しようと子供たちを引っ張り出す。

父との散歩ごときではテンション上がらない子供達。しかしここはやはり子供。階段にさしかかればあのゲームをやらずにはいられない父。『グリコ』やるっしょ。

散歩ルート4か所の階段全て実行。チ ヨ コ レ イ ト と パ イ ナ ツ プ ル を狙いがちになるよな?だから皆チョキとパーを出しがちで当然その二つだったらチョキが勝つのだから、チョキが圧倒的に出す可能性高いはず。だからグーのグ リ コを効果的に使うのが勝利への近道だぞ。と心理作戦に出たが結果は 息子2勝 娘2勝 父全敗。

いつまで一緒にグリコやってくれるかなと思いながらもただの散歩も楽しい散歩にしていきたい。

晴れる日を、思いきり遊べる日を、思いきり蹴れる日を、願う。

Domingoと共に。

 

読書

緊急事態宣言発令し、月一のサッカータイムPai de Domingoが中止になり、ぽっかりと出来た土日休み。家族4人でどこかに遠出したくなる気持ちをグッと堪えて、おとなしくStay home。こんな時は読書に耽るのが父と娘。

娘が欲しい本がある。と言われれば本屋好きな父は嬉しくなる。散歩がてら本屋へ。

本はいつの日からか大好きになった。高校生までは全く活字を読まず、マンガばかり。サッカーマガジン、ダイジェストなんかもほとんど写真ばかり、というより合間合間のサッカースパイクやユニフォームの広告を見てるほうが好きだったかも、あと付録のポスター。。

サッカー雑誌で字も読むようになったのは CALCIO2002 というセリエA専門のサッカー雑誌からだったような気がする。

ちょうど、20歳くらいだったのか、、、大学への通学で50分くらい電車乗っていたのでそこで遂に小説を読むようになった。記憶の限りでは 不夜城が有名な 馳星周 という作家さん。何故、馳星周氏が好きになったかって、馳星周氏は無類のサッカー好きでCALCIO2002にコラムかなんかを掲載してそこから、サッカー好きな作家さんが作る小説ってどんなだろ?という興味から選んだ気がする。

しかしそこには全く持ってブラックノワールな世界が広がっており、中国系マフィアなどの裏世界や自堕落していく男の世界など、かなり面白い世界を満喫。たまに出てくるサッカー用語が少し嬉しかった。。

そこから仕事をするようになるとビジネス書も読み耽るようになり、ビジネスと小説を半々くらいで読んでいる。気になる雑誌も漫画もモチロン買っている。圧倒的に紙媒体が少なる中、コロナ禍におけるこのStayHome期間は明らかに紙を欲していたような気がする。高校生の頃は午前授業終わった後、キンキンのクーラーの聞いた自分の部屋でベッドに寝そべりミルクティーを飲みながらマガジンを読むあの至福の時間がたまらなく好きだった。今はさしずめcoffee飲みながら大好きな家族とBGMをかけて気になる本を読む。。。これもまた至福な時間だろう。

次にやってみたい本の至福タイムがある。金曜日の夜ご飯を食べた後、BOOK CAFEに20歳くらいになった娘とドライブし、各々好きな本を選んでcoffee飲みながら本を読む。合間合間に近況を話しながら、、、なんて感じ最高だろう。

息子のほうはゲームの攻略本や、危険生物、UMA系な本が大好き。たまに父や母に怒られた後、静かに本を読んでいるな。と本を見ると、ドラえもんの化学実験 みたいな勉強系を読みだしたりする。容量の良さは流石の第二子である。息子もいつか小説系好きになるのかな??

馳星周から始まり、小説はもうメジャーどころ、村上春樹氏、井坂幸太郎氏、東野圭吾氏、池井戸潤氏、湊かなえ氏、宮部みゆき氏、筒井康隆氏、重松清氏、、、基本的にその人の本をすべて読み読み終えたら次の人、、、という流れ。家で読むのは本当に昨年のStayHome期間からで主に電車に乗っている時間でしか読まない。最近はずっとビジネス系しか読んでいなかったが、、RODAの松村さんにこれ面白いよ!と借りたのがこれ。

松村さんが家で夜中の3時まで夢中になって読んでしまったと聞いて、本当かね?とサッカー系の小説は初めて読むんだが、、、これが面白かった。主人公が小学校6年生の時サッカーを楽しめていない自分とそれを変えてくれるコーチ、、、そこから中学生になり、、、と話は進んでいくらしい。今読んでいるところは中学校に入って先輩たちが引退したところ。すっかりハマってしまっている。小学校卒業辺りでは思わず、電車で涙ぐんでしまった。。。

もう一つ最近サッカー系で気になって思わず衝動買いしてしまったのがコレ。

風間八宏氏 のボールを止める・蹴るというFOOTBALLの基本中の基本であり、最も奥深いこの動作。これを可視化・言語化し説明してくれる。そういえばトラップはこうやるんだ。インサイドはこうやるんだって教わった記憶はなくて、いつの間にか感覚として習得していた気がする。改めてこれを読んでボールを蹴りたくなったのは言うまでもない。改めて自分のキックとトラップに向き合える1冊。合間合間に出てくる風間語録がまた面白い。

家に居てもFOOTBALLは楽しめる。この創造性を早くピッチで試したいのをグッと堪え、、、その日が来るまでイメージを楽しもう。

Domingoと共に。

 

2021年

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年早々、2度目の緊急事態宣言発令。3連休のイベントは続々と中止になり、束の間の休日が出来た。しかし、当然遠出出来るわけもなく、おにぎりを握って近くの公園へ。

来週から小学校の体育館で開始予定だった、サッカー活動も中止を余儀なくされ悶々とするが、久しぶりに子供達とボールを蹴って前回の緊急事態宣言時の巣ごもり期間を思い出す。思い返せばあの時ほど毎日のように子供と蹴っていた期間はないかもしれない。

年末の蹴り納めで腰がかなり痛くなり、膝の筋肉もまだまだ回復していない中、子供とのリフティングくらいが本当に丁度いい。

娘を入れたリフティングはノーバンで出来るはずもなく、お決まりのワンバンリフティング。目標は30回。昨年のホームステイ期間でかなりやりこんだこともあり、娘を入れても目標を超す40回。レベルは低いがこれでも満足。レベルはどうあれ太陽の下で子供とボールを蹴る以上の幸せはない。

娘は『えー寒いのにワザワザ外で食べるとかあり得ないー』とお年頃の発言をしていたが、いざ始まればこの笑顔。漫画【約束のネバーランド】をお年玉で全巻大人買いし、それに父と息子が追随し読みふける。おにぎり時間に漫画の話をして娘の機嫌を取る事も大事だ。それにしても約束のネバーランドは面白い!

さぁ、帰ろうかとなっても、息子が『1分間ボールの上に立てないと帰れません!』といきなり帰れま10をはじめる。息子あるあるだろう。

結局30秒までにして何とかクリアし、帰宅。今日は父が作るミートソーススパゲティ。父が作る料理で子供たちにに認められているのは、パスタ、チャーハン、ピラフ、餃子くらい。この4品は残すことなく完食してくれることは嬉しい限りだ。

緊急事態宣言下で行けるところは限られる。何もない公園でもそこに家族とおにぎりとボールがあればそこはもうパラダイスだと思う。

今の状況を乗り切ろう。

Domingoと共に。

2020年終了

コロナで始まり、コロナ継続の中、2020年が終わる。

新しい生活様式、withコロナ、人生で初めての緊急事態宣言と、2か月の自粛期間。世界は、日本は、仕事は、FOOTBALLは、、、、どうなるかと思った。まだまだ感染数は増加傾向で予断を許さぬ状況ではあるが何とか、本当に何とか2020年を無事に終えれる事に感謝しかない。

本当に大変な年だったが、お店としては大きな転機になったと思う。

Insta LIVE だ。

店頭スタッフは自粛期間中、する仕事が無かった。店頭に立ってお客様とお話をする事が仕事なのに、お店に立つことが出来ない。悶々とする毎日。『何かできる事はないか?』その答えがInsta LIVEだった。

まだ自粛期間中の5月14日初めてのLIVE。まだまだ皆手探りで緊張の中スタートして、今やもう30回以上配信を続けている。LIVEの効果は絶大で、販売日や、サイズ感のお悩みなど、コメントも沢山来て、店頭でまるで接客するかのように毎回数百人以上に見てもらえている。

これからのお店はもう売り買いだけではないのかもしれない。とことん、お客様と楽しむ場所。情報を発信する場所として、REAL店舗の重要性が高まっている。REAL店舗はもはやメディアですらあるのだ。ECが激化していく中でREAL店舗の存在価値の是非が問われているけれど、僕は絶対にREAL店舗あってこそのECだと断言できる。お買い物がメインではなく、STAFFと話し、蹴り、いい音楽を聴いて、coffee飲みながら、、、ランチして、、、どんどん楽しい時間を共有出来るような場所にしていきたい。お店に遊びに来て、ついでにスマホで商品を注文しておいて、手ぶらで帰り、翌日商品が届く。そんなSTYLEになっていくんだろう。

コロナ禍という状況の中で新しくここを打破できたことは本当に嬉しい。しかし、一つ勉強になった事はコロナ禍だからではなく、コロナが無くても、ドンドン新しい事にチャレンジしていける。という事。例年同様、前年同様、ではなく未来に向けた変化をチャレンジしていくべき。

2021年はどのような年なるのだろうか。

我が家で言えば、娘は中学生になり、息子は5年生になる年。丸2年サッカーから離れていた息子だが、遂に来年また蹴り始める。今度は一緒に。父が立ち上げたチームで。

プロになって欲しいとは思わない。ただただFOOTBALLを好きになって欲しいだけ。

輝かしい2021年になるはずだ。

仕事的にも、きっと皆様がワクワクするような楽しい事があるはずだ!是非楽しみにしていて欲しい。

皆様、1年本当に有難うございました。こんなブログですが、『ブログ見てますよ』って言われると本当に嬉しいです。

2021年、皆様にとって、ご多幸の1年になりますよう願っております。

良いお年をお迎えください。

Domingoと共に。

小学校6年生

12歳

女子

もはや、女子というよりは女。身長も母と僅か2センチしか違わず。家では直ぐiPadを手に、お気に入りのJ-popをかけながら鼻歌を歌う。

このブログを書き始めた当時は6歳。パパーと言って膝に乗ったりしてきて可愛い6歳。

今は所謂、思春期なのだろう。仲の良い友達達と遊ぶのを何より楽しみにしていて家に招いてハロウィンパーティーやったり、クリスマスパーティーを企画したり、卒業旅行に行きたいと話していたり、、、残りわずかの小学校生活をこんな状況でも楽しんでいるようだ。

父 卒業旅行行くなら運転しようか?

娘 いや。大丈夫。

父 早く寝なさい!

娘 もーやだ。パパやだ

何かにつけて もーやだ が 分かってないなー が口癖になっている娘。そんな時期に突入だ。

しかし、学校では超優等生の娘。ここでは書ききれ無いくらい学校では大活躍している。

そして本当に優しい。

なんだかんだ言っても、寝る前には おやすみ としっかりグータッチしてくる娘。父への愛は感じている。

そんな娘が、、、

娘を持つ父が1番聞きたくない事が起こった。。

娘は嬉しいが父は寂しい、複雑な気持ち。。。

それでもクリスマスは家族で楽しもう。

Domingoと共に。