作成者別アーカイブ: domingo

サッカー

22年前、フリーターだった僕が就職を考えた時、何が何でもサッカー関係の仕事をしたい。それだけは決めていた。そう思って1番初めに応募したのは CALCIO2002という大好きだったイタリアサッカー専門誌の編集部採用。

応募の内容は履歴書と原稿用紙1枚のサッカーに対する文章。そこに僕は当時大好きだったサッカー好きな作家 馳 星周氏が別のサッカー誌にコラムを書いていた内容を丸パクリした。

内容は

サッカーをFOOTBALLと呼ぶ国に生まれたかった。

サッカーの本場、発祥の地ヨーロッパではサッカーをFOOTBALLと呼ぶ。

FOOTBALL後進の地、日本。日本代表というチームはやっとワールドカップに初出場したが結果は3連敗。FOOTBALL大国であるヨーロッパに生まれたかった。

そんな内容。

あれから22年。日本はワールドカップ常連になり、今大会では大国ドイツを破った。ドイツとスペインという超大国と同グループになり、誰がこんな結果を予想しただろうか。

やはり、日本の試合でしかこんなにも熱い気持ちにはなれない。。。自分は日本人なんだと4年に1度改めて感じる。

さぁ2戦目、サッカーと呼ばれている国を心の底から応援しよう。

Domingoと共に。

W杯

遂に4年に1度のW杯が始まる。

歳を重ねる毎に、なんだか年々W杯への意欲が少なくなってきているのは何故だろう?

いつでも試合が観れるようになったからか?

出場選手が自分よりも年下だからか?

もうそこに立つという夢が絶望的だからか?

物心ついて記憶に残る大会は小学校6年生のイタリア大会。当時世界1のリーグだったセリエAに所属するドイツトリオにバッジォ、マラドーナ。小学生だったからか、LIVEではあまり観れてなかったが、ただただ、憧れの対象でしか無かったTV画面の向こうのスーパーヒーロー達。

完全にLIVEで観れた94年アメリカ大会。バッジォのポニーテールがカッコよく、クリンスマンの18番に憧れて中3の時にユニフォームを変えた時に18番をつけた。日本代表がドーハの悲劇の時、マンション中から、うわーと悲鳴が轟いていたのを思いだす。

98年大会は浪人生。ロナウドという新たなスーパーヒーローに衝撃を受けていた。ジダンにデルピエロ、オランダも大好きだった。

2002年の日韓W杯。フリーターで1番フットサルにのめり込んだ時代。このW杯でのスポーツショップの臨時バイトとして決勝の行われる地、新横浜のFOOTBALL SHOPで働いた事が後の人生を決めた。この経験はとんでもなかった。新横浜で開催された日本vsロシア戦、朝からお客さんがひっきりなしでずーっとレジで袋に商品を詰めていた。飯休憩なんて無し。気づいたら20:30キックオフの時間になっていて昼飯を食いながら試合を観ていた。ブラジルの優勝後は新横浜がまるでリオのカーニバルのようになっていて、最高の雰囲気になっていた。

2006年のドイツ大会時には、4年前フリーターだった自分がフットサルショップをオープンさせなんと結婚していた。大好きなイタリアが優勝。

2010年日本がベスト16以上。新横浜でフットサルショップをガンガンやっていて、LUZeSOMBRAをバリバリ売っていた。息子が誕生した年。

2014年ブラジル大会、この辺りから記憶が怪しくなっている。優勝したのはドイツ?日本代表はグループ負け?ハメスロドリゲスにやられたのがこの大会かな?

2018年は?優勝フランス?

おかしな事に近年の大会のほうが記憶が曖昧で、小学、中学の頃のほうが誰が出てて、あの時のあのシュートがなんてハッキリ覚えてたりする。

2022年初の中東開催。出場国と出場選手はあまり把握出来ていない。とは言えやはり観る。日本がWカップに出場してこんなにも予選リーグで強国とやるのは初めてなんじゃないだろうか?

W杯にはもう出れないかもしれないけれど、43歳になってもボールは蹴り続けている。

Pai de Domingoソサイチ。35歳以上のオヤジ達で蹴る月に1回のゲーム会。

そんなんじゃドイツに勝てないぞー!

なんて声も出てW杯を意識するオヤジ達。チームでやるフットサルも月1のソサイチもたまに行く個サルも、子供達と蹴るサッカーもやっぱり幾つになっでもボールを蹴るのは楽しい。

W杯には出れなかったけれど、蹴り続けているこの人生もまた大好きだ。この環境に感謝。

これからも楽しんでいこう。

Domingoと共に。

中華丼とクリスマスツリー

今日は奥さんの誕生日。

数日前から何が欲しいかリサーチしていたものの、最近物欲がないというリサーチ情報。いつもサプライズ形式にしたがあまりにも情報が無かったので、本人が欲しいものを直接聞いてみた。「誕生日プレゼントは何が欲しい?」

「クリスマスツリーが欲しい」

愛犬ミルクがおてんばなのでイタズラされるとクリスマスツリーはミルクを飼ってから設置していなかったが、今年はクリスマスツリーを飾りたい気分との事。

一緒にツリーを買いに行った。シンプルにライトだけ。これから色々飾り付けしていくんだそう。

昼飯は本当は僕が作ったトマトスパゲッティが食べたかった奥さんだったが、娘が中華丼が食べたいとの事で快く自分の誕生日に中華丼を食べる。

そして、奥さんの誕生日にシニアリーグに行く自分。それを快く送り出してくれる奥さん。シニアリーグでは優勝も得点王も逃してしまったが、、、

いつも自分より家族を優先する奥さん。

結婚して16年。出会って20年。そろそろ人生の半分を共に過ごす。6年前、大病を患い手術した。手術中のあの恐怖は今でも忘れない。リアルに大事な人を失ってしまう。という最悪なイメージを感じてしまった。娘が小学2年、息子年長、これからっていう時に奥さんが居なくなったら、、、想像するだけで絶望的だった。父と幼い子供2人になってしまったら、、、今享受している幸せは無かっただろう。幸いな事に早期発見で転移が見られなかった。本当に良かった。

それから僕は奥さんが【存在してくれている事】ただただそれだけで有難い事だと気付く事が出来た。自分が気に入らない事があると何かと口喧嘩になってしまうような事も、なんだか気にならなくなった。本当に居てくれて有難う。と思える。

奥さんが居てくれる事は当たり前な事ではない。

毎日、毎日顔を合わせて当たり前に食事を出してくれて、当たり前のように洗濯ものが畳んである。そしてフットサルに送り出してくれる。

どんなに長く共に過ごしていても、思いやりは決して忘れてはいけない。本当に今まで、今この瞬間も、これからの未来も居てくれて有難う。

Happy Birthday!

Domingoと共に。

New Shoes

フットサルを初めて何足めのシューズだろうか?LUZから2020年に発売されたAXIS-1からあらたなNewモデルAXIS-1VKが登場した。

新しいシューズはやっぱりテンションが上がる。小、中、高サッカー三昧だった学生時代、履いていたスパイクは全て黒色。初めてフットサル用に買ったシューズはNIKEのティエンポの白だった。そこからadidasのトップサラ3の白。その後はKELMEにDesporteにtopperにasics.mizuno.MUNICH、、ありとあらゆるフットサルシューズを履いてきた20年間。2018年にLUZがシューズをリリースしてから4年間はLUZに落ち着いている。

久しぶりの白、

久しぶりのカンガルーレザー

お気に入りのシューズを履くだけで何だか自信みたいなものが生まれるからやっぱりシューズはイイ。

そんなお気に入りのシューズで、シニアリーグで10得点、得点王トップタイ。残り1節、またこのシューズと共にフットサルを楽しもう。

Domingoと共に。

最後の運動会

息子の小学生最期の運動会が終わった。コロナ禍での運動会は3回目。3回目にしてようやく夫婦2人が入場可能になった。上の写真は息子一年生の地域の自治会運動会。

こちらが6年生になった息子と運動会の帰り。自分の胸にも届いてなかった身長は肩を追い越していた。コロナ禍と言う事でお弁当無し、午前中で終了する。競技種目は各学年徒競走と踊り系のみ。息子の通う小学校では伝統的に5.6年生は飛翔という踊りをする。当然、5年生の時も観ているのだが、最終学年の飛翔はやはり特別。感動だった。運動会といえば父の役目はカメラ係。カメラ画面越しではなくて生で観たい。生で観ようとするとカメラがズレる。カメラ撮影場所を確保し、10分以上の踊りを肩の痛みに耐えながら撮り続ける。運動会後の夕食時にその映像を観ながらヤンヤヤンヤと笑い合う。その幸せな瞬間の為にカメラを撮っている。

運動会が終われば次の大きなイベントと言えば卒業式。あと4ヶ月ちょっとで小学校生活も終了。6年間長いようでやはりあっという間だった。もう中学生。その前に残された小学校生活を思い切り楽しんでほしいと願うばかり。

小学生の父という立場も残り4ヶ月。楽しもう。

Domingoと共に。

NOMAD BASE

愛知県三河安城にあるBRINCAR FOOTBALL PARKへ旅していたLUZ NOMAD BASEがHQに帰還した。この土日にご来店された方はいきなり駐車場に置いてあるAIR STREAMにびっくりされたんじゃないだろうか。

次の出発地は何処になるのだろうか?またBRINCARのように人と人の絆深まる旅になる事を願う。

とは言え、暫くはHQにある予定なのでこのNOMAD BASEのお披露目まで是非お楽しみにしていて欲しい。また新たな出会いを期待して、、、

Domingoと共に。

少年サッカー

久々に少年サッカー現場へ。HQがオープンして2か月。自分のチーム以外のサッカー大会。

ずーっと怒鳴っている監督がいたり、試合後、子供に説教をしているお父さんがいると思えば伸び伸びやっている子供達がいたり、色々なサッカーが詰まっていた。なんだか、物凄く子供達とボールが蹴りたくなった。

楽しく蹴りたい。

Domingoと共に。

勝負

日本フットサル代表がアジア選手権で優勝した。大会前のブラジルとの親善試合,前回のワールドカップメンバーとガラリと変わった若手中心メンバーはブラジルに圧倒的な差をみせつけられた。僕も正直、これでまた前回のワールドカップのような躍進を世界相手に出来るのか?と2年後のワールドカップを危惧していた。

そこからのアジア選手権。いつもの日本であればベスト4は当たり前。準決勝か決勝、どこでイランに当たるかが勝負の分かれ目。しかし今回はもしかしたらここ最近で最も悲惨な結果になるのでは、、とさえ思ってしまっていた。イラン以外にもアジアの国々はどこもレベルアップしている。

その心配が的中したかのように初戦のサウジアラビア戦を1-2で落としてしまう。。やはり今回は厳しいか、、、ここからベースで2年後のワールドカップのためにメンバーを鍛えていくのか、、、

しかし、日本代表はそんな不安をかき消してくれるようにその後の試合を連勝。どの試合も気の抜けない僅差での勝利。そして決勝の相手はイラン。イランの監督は シャムサイー監督 日本は 木暮監督。両監督は選手としてもアジア選手権で死闘を繰り広げていた。そして木暮監督は僕と同い年の79年生まれ。僕がフットサルを始めた頃、日本最高峰の関東リーグ所属のFIRE FOX に在籍し、日本のエースとして君臨し続けた日本フットサル界のレジェンド。

決勝は正に死闘。もはや綺麗な形など存在しない、魂と魂、肉体と肉体のぶつかり合い。こんなに激しいフットサルを未だかつて見た事があっただろうか、一回のミス、一瞬の判断の遅れが命取りなる、画面を通してでも両チームの気迫が伝わる物凄い試合だった。結果は日本の優勝。初戦でサウジに敗れた日本が優勝するなんて誰が予想しただろう。実に4回目の優勝。僕の記憶が正ければ初めて優勝したのは2008年頃、その時はイランと準決勝であたり死闘を制し優勝したと思う。その時のメンバーに木暮氏も入っていたしLuz crew の豊島もメンバーに入っていて同級生の活躍にメチャクチャ喜んでいたのを思いだす。

とにかく、今回の試合は凄かった。これなら次回のワールドカップは俄然、楽しみだ。その前のワールドカップ出場権は次回のアジア選手権にかかっている。またそこでイランに勝って出場を決めて欲しい。

そんな死闘もあり、我々にも死闘があった。

Luz crew vs escape

escapeって言うのは旅する八百屋 MICOTOYA crewだったりDomingoグラフィックも描いてくれていたCHALK BOYだったり、今回のLTTの動画に参加してくれたBURGER MANIAのSHUN君だったりが参加する月に一度活動しているサッカーチーム。FUTEBOLを生業にする我々にとって絶対に負けられない試合。。。しかし、、結果は、、5‐6の敗戦。。。これはまた本当に悔しくて、もっともっとボールを蹴るのが上手になりたいと、自分の力不足を感じた。

そして10/9は自分が担当するLUZ着用チームアニージャ湘南のホームゲームへ!アニージャは関東女子リーグ所属、神奈川でも名門チームだ。そんなアニージャのホーム戦。満員に近いお客さんが入る中、アニージャにとっては絶対に負けられない試合。何せ7戦全勝ぶっちぎり。今回もそうなるかにみえたが、、、相手は同じ神奈川のヴィエント。こちらも気合いが入っていた。まさかのヴィエント先制!アニージャには緊張が走る。前半暫く膠着状態が続く。それぞれの個性が見事に交わり、チームとしての規律もしっかりしているアニージャが徐々に徐々に押しはじめ、、、遂にゴール!そして逆転!終わってみれば3‐1。見事大勢のお客さんの前で勝利を収めた。やはり、目の前で見る選手たちは正に、強く、楽しく、美しく を体現し、本当に多くのお客さんの心を掴んだことだろう。

アジアでの死闘、北新横浜、そして女子関東リーグでの死闘。日本各地でもそれぞれの年代、舞台で死闘が繰り広げられているのだろう。そんなFUTEBOLをこよなく愛する皆様とこれからも共に楽しみたい。

Domingoと共に。

ABE-CHAN

秋晴れ、快晴からの10月スタート。

LUZ crew はBRINCAR FOOTBALL CARNIVALへ!

LUZを着用してくれてもう10年、BRINCAR FOOTBALL PARK で開催されたイベント。10月2日で期間終了となる  LUZ NOMAD BASE にとってもこの地での最後のイベント。9月30日にINして3日間、

【ABE -CHAN】

ってワードを何回聞いた事だろう。 LUZ NOMAD BASEを1人で担当していた LUZ CREW ABE はBRINCARの子供達の信頼と愛情を想像以上に受け取っていた。あるお母さんはこう言っていた。

「厳しい練習の後に凹んだ子供達が NOMADに居るABE-CHANに会って、気持ちを整えてくれていた。かけがえのない場所でした。本当に感謝しています。ABE-CHAN を連れてかないで下さい。笑」

多くの子供達、保護者の皆様は別れを惜しんでいた。それほどまでにABE-CHANの存在はBRINCARに浸透していた。 LUZ NOMAD BASEのBRINCARでの旅は今日で終わるけれど、この場所で出会った皆様とABE-CHANの旅はまだまだ続く。心と心で繋がった決して終わる事のない関係性で、子供達の夢を共に描き続けるのだろう。同じ仲間として、尊敬し、誇りに思える素晴らしい関係性。

LUZ NOMAD BASE の役割は十二分に発揮された。モバイルミニ店舗なんてただの物販出来るだけの器ではない。それは人と人が繋がれて、共に夢を描ける最高の場所。

LUZ NOMAD BASEの次なる目的地を楽しみにしつつ、、、1年間お世話になったBRINCARさんへは感謝でしかない。本当に有難うございました。

明日からHQ。なんだかHQ SHOPが久しぶりな気がするほど充実した3日間。自分達のお店も NOMAD BASEのように関係性を高めれる存在になろう。

Domingoと共に。

FUTEBOL

HQがオープンして2か月弱。嬉しい事に本当に多くの方々が遊びに来てくれている。特に三連休は忙しい時間を過ごさせてもらった。1日中、店頭に立ちっぱなし。次から次へと来るお客様のFUTEBOL STORYを聞く事が楽しい。

子供達はずーっとCOURTで蹴ってるもんだから、お父さん、お母さんはゆっくりお買い物に美味しいcoffeeを。喉が渇いた子供達はオレンジジュース。手前味噌になるが本当にイイ空間だなと思う。

秋が到来し、長袖、長パンSTYLEに突入してきた。自分のチームで子供達と蹴る時間も飽きる事なく幸せな時間。入ったばかりの1年生がゲームで初めて決める得点に感動し、

2ヶ月ぶりに参加したPAI de Domingoではガンガンボールを蹴り、月に一度のシニアリーグでもガンガンフットサル。FUTEBOLはやはり光と陰の連続。イイ時もあれば悪い時もある。前節は中々手ごたえを感じたりもしたけれど今節は3連勝したものの個人的にはイマイチ。次回上位リーグ。新しいチームとの対戦になるだろうからまたイイ刺激を受けたい。

さぁ来週もまた楽しみな事が待っている。何事も前向きに楽しく。

Domingoと共に。