週末

4/21 久しぶりの土曜日休み。この日は待ちに待ったLUZ culture shop のイベント Familiar de Domingoが開催される日。子供の対象年齢が6歳以下なのでこのイベントに子供を連れては行けないのだが、、、その裏で開催されるWORKSHOPが今回のお目当て。

こんなにオシャレなボールネット見たことありますか?これが手作りで作れるという事。お父さんは子供とフットボールイベント。お母さんはその時間それを見ているだけじゃなくて、子供のためにボールネットを編む。なんて素敵な企画なんだろう!

今回WORKSHOPを開催してくれたのは

@lino_lima_knit_macrame 

最高にオシャレ!是非ご覧戴きたい。

最近、息子のサッカーを見に行く機会が多くなった。我が家の場合、娘が居るので土日が息子のサッカーになると、娘はそれに付き合ってもらう形になる。親は息子のサッカーを見て応援するが娘は中々、そこまでの熱は入らず。公園が併設されてるグラウンドだったらまだいいが、何もないグランドなんかだと時間の使い方に困るときがある。

サッカーをやっている兄弟を持つ女の子には辛い時間になってしまうかもしれない。

最近、それが気になっていた。愛知県のブリンカールフットボールパークにはそんな女兄弟のためにダンススタジオが併設されているんだが!関東にはまだそんなスペシャルな施設はあまりないのかな?

だからこそ、こんな素敵なWORKSHOPでFOOTBALLにアプローチする方法もすごく良いと思う。弟のためにサッカーボールネットを編む。そんなFOOTBALLへの関わりを増やしてあげればなと思う。家族全員が楽しめる!っていうのがやっぱり最高。

普通だったらお母さんと一緒に参加するもんなんだろうが、ここは父と。

始めにすこし手まどっていたので思わず手を出してしまうと、 一人で出来るから大丈夫! っていう感じだったので、少しほっといちたら、結構最後のほうは焦りだして、、、皆でやる系で一人だけ遅れると焦るあの感じ。小学生だから一番遅いのは当たり前なんだが、最後のほうは パパ手伝って! 的な感じ。娘がいくつになっても頼られると受けたくなってしまうのが父なんだろうな。

午前を終えて今度は息子のサッカーのお迎えに。急にサッカー少年になった息子。今週はなんと、水曜・木曜・土日 と生まれて初めて週4回もサッカーをやったのでは!?まぁ、父が小学校の頃は毎日蹴っていたけどね。いつかは毎日蹴りたくてしょうがない少年になるのかどうか。

チームの練習週二回。友達と公園でサッカー週3回が理想。友達同士のSTREETサッカーにこそアイデアが沢山詰まっている。というのがLUZ流。

翌日は 自分のFUTEBOL Pai de Domingo !!よく晴れた日曜日の朝。日陰に入ると涼しい風が非常に心地よく最高に楽しかった。

今年に入って初参加してくれて、何回か来てくれるうちに今度は友達も誘ってきてくれたりっていうのが本当に嬉しい!

土曜日は子供と、日曜日は自分の。最高な週末なんだが、、ここは奥さんの頑張りなしではこれは出来ない。息子のサッカー練習の送り迎えなど、色々と調整してくれた奥さんに感謝!

帰りにハーゲンダッツのアイスクリームを買って、夜は一緒にドラマを観よう。

当たり前の日常なんだが、当たり前を当たり前と思わず、全てに感謝を持って日常を過ごそう。

Domingoと共に。

ある日常の週末と非日常のイベント

とある週末。家族4人で久しぶりにみなとみらいへ行ってきた。土日休みがあまり取れていなかった父にとって、土日に出かけるというのは本当に嬉しい事。土日の空気感がいかにも〔休日〕っていう感じで本当に気持ちいい。晴れていたら尚更だ。

どこに行くにも修行やミッションを求める息子。写真はあるあるの、〔線を踏まないで進めるか競争〕

〔1歩で階段全部昇れるかな修行〕

子供たちは大人の洋服選びには全く付き合ってくれないので、こんな感じで街中をブラブラ。そもそも何を買いに行ったのか忘れてしまった。子供と同じようにハシャぐ父。

毎年言っている、、、〔今年こそはテント買ってCAMP行こうね!〕

いや、本当に今年こそはCAMPに行きたい!!

4月という新年度が落ち着いたら、すぐにGW!LUZのGWは毎年恒例のこのイベントへの出店から!4/27-5/6まで逗子海岸に現れる夢の空間。

Zushi Beach Film Festival!!

今年は 4/30 がSPORTS DAY! ビーチサッカー大会を開催します!

 

そして5月12日には大本命!!

FUTEBOLiSTA 天下一蹴道会

チケットはLUZ新横浜・浜松各店舗で取り扱い中!!2016年に開催された大阪以来。終に浜松で開催!浜松の皆さんに本物のLUZを見せる時です。浜松の方は勿論、横浜からも皆で遊びに行きましょう!!

そしてその次の週には、

ACO CHILL CAMP 2018

ここにもLUZ clew は遊びに行きます!

 

 

どれもこれも家族で楽しめる最高のイベント!!GWからは非日常的なイベント盛りだくさん。だから今はゆっくり日常の休日を楽しもう!

Domingoと共に。

 

 

もう一つのFAMILY

先日、会社設立10年目にして初めての社員旅行が行われた!

行った場所は御殿場。初めての社員旅行だからこそ先ずは近めから。現地集合した公園。ただの原っぱでもそこにボールがあればワラワラと蹴りだすし、フリスビーがあれば皆で楽しむ。

フットサルブランドの会社ですから当然、フットサルだって楽しむ。現役Fリーガーもいるウチの会社。現役選手がキャプテンになり、5チームに分けての総当たり戦。どこが優勝したと思いますか?

 

社員研修もモチロン開催。今までの歩みやこれから大事な事を社長、副社長から発表。

2日目は御殿場の山荘でマッタリとBBQ。最高な天気と最高のロケーションに最高の仲間たち。

 

社員37名。アルバイト4名。会社10年目でこの規模に。会社創立した時の人数はRODA5人LUZ4人と社長の合計10人だった。10年の歩みは当然平坦ではない。最高に楽しい時もあれば、本当に辛い時もあった。苦楽を共にした仲間、いやもう一つのFAMILYだ。

自分のFAMILYは当然、血の繋がった家族なのだから、親は子を自らの責任で育てるし、自立させようと必死になる。子を自立させるためには子のことを一番に想った行動を行う。そこには血縁があるからこその無償の愛がある。

仕事のFAMILYはどうか。そこには当然血縁が無い。自立した大人になって出会った仲間たち。そこにあるのは将来の共有と会社人としての存在意義。仕事を通じて人を幸せにする事が本質。それはどんな仕事でも同じこと。

何故この会社じゃなきゃ駄目なのか?

我々の手段でまずは身近な名も無きフットボーラーを幸せにし、徐々に徐々に周りの人を幸せにする事こそが我々の存在意義。

ウチの社員だったらこんな考えを持って、こんな風に、皆を幸せにしたいね!

っていう事を研修で共有し、次の10年に備えました。

 

自己表現と思いやりと創造を超えたプレー。

 

その精神を持ち、仲間と共にボールを蹴り続ける事がウチの社員の使命。同じ道を目指すことが勝利と世界平和への第一歩。最高なもう一つのFAMILYと共に次の10年も駆け抜けよう。

Domingoと共に。

春と家族とfutebol

春、シフト制とfutebolの予定とで春休み中唯一丸一日家族と過ごせる一日。桜も満開なのでお花見に。買い食いスタイルが大好きな子供達のために目黒川へ。

子供のファーストチョイスはまさかの おしるこ!ただでさえ暑い日にテンションおかしくなっておしるこを食べるあたりが何とも可愛い。

ただただ桜を眺めながら家族4人でいろんなお店に立ち寄るだけ。この何気ない日常だけで本当に幸せ。この後はららぽーと行って、家でご飯食べて家族でドンジャラやって、、、あっという間に一日が終了。この何気ない日常を何より大事にしたい。

そしてこの週末は、待ちに待ったシニアリーグチャンピオンシップ!横浜2位で出場した我がチームLanzalea padre A どの試合も白熱した拮抗した試合になったが、、見事に優勝!

シニアリーグに参戦して3年、ここ数シーズン、優勝から遠ざかっていたので本当に嬉しい!ただ次回は、横浜シニアリーグも優勝し、チャンピオンシップも優勝っていう完全優勝を目指したい。そして湘南地域でも開催してもらい、横浜、川崎、湘南のチャンピオンシップで優勝という目標を作ろうと思う。

今回のチャンピオンシップで嬉しかったのは実はウチの社員が3チームにまたがって10名以上参加していた事。生涯現役を合言葉に、仕事のような遊びであり、遊びのような仕事を皆んなで共有出来るのが嬉しい。皆んなの舞台を作り上げる事がfutebolを生業にしている我々の使命の1つ。無ければ作ればいい。それがLUZ STYLE。

監督の元、3年間、週一回の練習をし、自分達のスタイルを貫き通した末の優勝も本当に嬉しい。この喜びをもう一度味わう事が次の目標。

そして朝8時集合で11時には終わるのでここからがまた嬉しい時間。家族と駅で待ち合わせてそのまま近くの公園でオニギリランチ。

ほんの束の間の時間を過ごせて嬉しい。こんな好き放題させてくれる奥さんには感謝しかない。こんな時は父がバリバリ遊ぶのが当たり前だが、午前中の試合で身体はバキバキ。走るのが大好きな奥さんで本当に良かった。しばしの幸せを堪能し、今からチームメートの結婚式へ。

35歳を過ぎても熱く、楽しいフットサルがある。そして、35歳を過ぎても結婚式に呼んでくれる友人が出来る。こんなに素晴らしいスポーツは他にあるのか?

家族とfutebolのバランスを取りつつ、始まったばかりの春を楽しもう。

Domingoと共に。

futebol三昧

:今週はfutebol三昧。土曜日朝一で息子の試合観戦。ニコニコしながらボールの周りを走り回りディフェンスに全く行かない息子。2回目の試合。前半はベンチで後半出れる感じ。

一本イイドリブル突破が見れただけで1つの成長かな。これから先あと何試合彼はするのだろうか。1つ1つ大事にして成長していって欲しい。

そんな息子、弟を応援するLUZな女子。最近妻がまさかのSELECAOアイテムに手を出すというハマりっぷり。自慢の奥さんだ!11時に終わりランチして、子供達と公園でサッカー練習。20秒以内に公園の遊具ジグザグドリブルね!と姉弟で競わせて楽しむ。

弟のサッカーを見てやりたくなったのか、娘から公園でサッカーしよう!と誘ってくる。父にとっては最高の展開。

 

 

夕方からは父のシニアリーグ最終戦。前節までで3連勝し今節1勝1分以上で念願の優勝が決まる大事な日。だが、1試合めを落としてしまい、残り絶対に負けられない2試合。。2試合めを何とか3-0で勝利。

最終戦の相手はこれまで4連覇しているクインテット。前節勝利しているが、今回は2セットで組んできており万全の体制で臨んできた。

結果は0-1。引き分け以上で優勝だったが勝って優勝したかった。。前半早々に失点してしまいそのまま。。ハーフタイムで監督に残り3分が勝負!その3分で絶対に点を取るぞ!と言われていたにも関わらず、、、走りきれなかった。。。

ダサイ。ダサすぎる。最も優勝に近づいたにも関わらず、、結果を出すことができず。息子のサッカーの文句も言えない。もっと上手くなりたい。

ひとつの夢であるシニアリーグ優勝。手がかかったかと思ったが儚くも散ってしまった。儚いって人の夢と書く。。。この漢字を考えた人のセンスが半端ない。

しかし、来週は横浜、川崎で行われているシニアリーグ上位2チームによるチャンピオンシップがある。ここでクインテットに勝利し、優勝したい!そこまでに調整をしていかなくては。

翌日の今日は朝から Pai de Domingo ソサイチゲーム会。最高に気持ちい気候。こんな日は大きなグランドを使うソサイチが最高に気持ちいい!9:00-11:00から蹴った後は、、、

そのままRODA CUPに参加!ソサイチチームで参加し、見事?3位!その後は仕事に戻り、、店の前の桜を堪能しつつ、今日の夜のビールに思いを馳せる。

冬は終わり、また新たなシーズンの始まり。2018年もFUTEBOLと家族と仲間と,,Domingoと共に楽しんで生きたい。

futebol paradise

愛知県にあるfutebol paradiseにお邪魔してきた。広大な敷地に広がるコートと優雅なクラブハウス。バーモントカップ優勝、U15ユース選手権優勝など圧倒的強さを誇る BRINCARが所有する施設だ。

そこはオーナーが次の世代のために作った最高の施設。食育という観点からカフェスペース、練習後の食事も提供する。

圧倒的に清潔でダンススタジオも完備。土日を兄弟のために棒を振る女の子がここでチアやダンスを習う事ができる。

子供のスクール時間の合間にお母さん方がコーヒーを飲んで過ごせる空間。

LUZが目指すヴィレッジ構想と同じだなと感じる。理想の建物を造るならこんなイメージ。目の前にコートがあり、あらゆる理想を詰め込んだFUTEBOLiSTAにとって究極のparadise。早く実現させたいもの。

年長の時に入った子が今はジュニアユースにいるらしい。人生の大半を共に過ごし、その子の人生に大いにに関わる。

futebolの指導者は学校の先生より子供に与える影響は大きいと思う。子供に真正面から向き合い、共に感動や悔しさを共有しながら最高でも9年間過ごすのだから。それは計り知れない。

そんな子供達のために最高の環境を。オーナーの強い決意が感じられる。そしてそれを理解し共生する親の存在。1つ1つのファミリーが集まり正にBRINCAR family として信頼関係が築かれる。それは本当に幸せな光景。

どんなに素晴らしい施設でも、やはり最後は人間が1番大事。指導者達と親と子の関係を見ればそれは一目瞭然。

子のために尽力する指導者達にリスペクト。

そしていつもお世話になってる皆様と出会いに最大の感謝。

LUZも人間が沢山集まる施設をいつの日か作りたい!

本当にありがとうございました。

LCS 3th

3/13出3周年を迎えるLUZ culture shop 。

2回目の開催となるFamiliar de Domingo が行われた。僕個人としては新横浜でお店をやってもう10年が経つ。10年前は独身でバリバリフットサルをやっていてよく買いに来てくれた方や、当時はまだ恋人同士でお店に来てくれていたカップルが結婚して子供ができて、、、このイベントに参加してくれるって言う、非常に感慨深い参加者の皆様。

たまに出る太陽がじれったい日曜日の朝から多くのFAMILYが参加してくれました。

今回子供たちを指導してくれるのは、フットサルチームFENIX所属の選手たち。

初めはボールに慣れない子供たちも時間が経つにつれて、、徐々に慣れていき、、、

ボール楽しく蹴れるようになっている感じ。

たまには休憩して、、お母さんたちもホッコリ。

試合が始まれば、必死に追いかける!

当然、メチャ団子にもなる!

参加していた何人かのお父さんはやはり子供同士で遊ぶことによる、成長の大きさを感じていました。同世代の子供同士で遊ぶと意識しあうのか、凄く集中力が高まるのか、、夢中になって駆け回り、昨日出来なかったことが急に出来るようになる。という事が多々ある。

子供の力 を改めて実感した日曜日。

この子達が将来のFUTEBOLiSTA。LUZが誕生したこのコートで、また自分たちの子供と蹴っている事に感謝であると同時に非常に嬉しい気持ちになる。この子達が大人になり、またここに戻り、新たなムーヴメントを巻き起こすのか。。。夜中まで蹴っている子を心配する側になってしまう自分がいるのかな。夜中に蹴っている=健全と思ってしまいそうだが。。。

3周年の限定Tシャツも大好評。このPRIDE Tシャツを共に分かち合いたい。

そりゃ、RODAのサラちゃんもチョリパン食べちゃうよね。

午前中からお昼はファミリーでごった返し、、、夜は、、、

初の個サル!!!

LUZ culture shop 3周年

LUZ culture shop が3/13で丸3歳になる。

豊島、みのり、やすこ、鶴見で始まり、

トヨが抜け、カッキーが加わり、やすこが抜けてマイソンが入る。マイソンが抜けてユウサクが入り、マッキーが戻ってくる。3年の中でSTAFFの入れ替わりは多かったが、お店に来てくれるお客様の顔はいつも一緒。3年前から変わらず通ってくれる方、ここ最近で毎週通ってくれている方、、、本当に感謝です。

LUZ のcultureを発信する場としてOPENしたLCS。ただの洋服屋ではなくLUZを発信する場でありたい。常にそれを意識しながらSTAFFは頑張っています。

一人の人間としてLUZを通じて誰かのLifeStyleを豊かに、幸せな人生を送れるようにお手伝いをしたいというのが本質であり存在意義。自分自身がLUZの一部で、常にカッコよく、LUZの表現者としてお店に立ち続ける。これって結構プレッシャーだけど、誇りでもある。

STAFFの原動力はお客様の笑顔。わざわざ遠くからここ目当てで来ました!とか、毎週日曜日に必ず寄ってくれるとか、ソサイチの帰りに寄ってくれたり、コーヒーをいつも飲みに来てくれたり、、、家族で遊びに来てくれたり、、、 「ありがとう!また来るよ」って言われる事が嬉しくて仕方がない。

本当に感謝です。

LUZが誕生して10年以上経ち、創設者たちは父親になりDomingoを作った。だから親子で楽しめるイベントを開催します。

Familiar de Domingo = 日曜日の家族

たまの日曜日に奥様がゆっくり過ごす時間を作る為にもお子さんと一緒に朝からボール持って遊びに来れるイベント。

■対象年齢:4歳、5歳、6歳
■開催日:2018年3月11日(日)
■時間:9:00~11:00(8:30~受付開始)
■場所:フットサルクラブ東京 横浜国際コート
神奈川県横浜市港北区小机町2140
■参加費:500円
■募集人数:15名
■持ち物:動きやすい恰好・お持ちであればボール(ボールであればサイズは問いません)お持ちでない方はお申込みの際に担当したものにボールを持っていない事をお伝えください。

※駐車場はありますので車でのお越しもOKです。
参加するお子様一人に対して付き添いがお一人様居てくれると助かりますが、居ない場合はSTAFFが代わりに対応させて頂きますのでご安心下さい!

 

 

そして夜は

【個サル】
LCS初の個サル。

■開催日:2018年3月11日(日)
■時間:20:00~22:00
場所:ノアフットサルステージ横浜
神奈川県横浜市神奈川区山内町15-6
■参加費:1500円
■募集人数:20名

個人的には夜の部、カッキーとユウサク若手が仕切る個サルが楽しみ。LUZが誕生するきっかけになった伝説のトヨクリ(豊島が開催していたクリニック)横浜中の猛者が集まりそこから自然発生的に誕生したLUZ。

FUTEBOLiSTAが集まり、そこで何かが生まれる。また夜な夜な猛者どもを集めて、彼らの世代の何かを生み出してほしい。。。

 

皆で蹴るのが楽しみで仕方がない。

shoes

遂にLUZとして初のフットサルシューズをリリースすることになった。

LUZが誕生して10年が経ち、もう一度自分達の立ち居地を確認し、どの道を進もうかとLUZが考えた。フットサルというスポーツは一時の流行となってしまったのか?レジャー白書によるフットサルプレイヤー数はピーク時の300万人から半分になってしまったようだ。

やはり大きなサッカーという市場に打って出るべきなのか。フットサルから人気が出たブランドの多くは当たり前のようにサッカー市場へと進出していく。。。

LUZの出した答えは、、、

 

『フットサルに舵を切ろう。』

 

そこをあえて、フットサルに行く。フットサルを究めていないのにサッカーに出るなんておこがましい。フットサルと言えばLUZだよね。誰もが認められないと本物ではない。なにしろ、スタッフは皆フットサルが大好きで、ある小さなフットサル場で誕生したLUZは、手売りで友達に売ってそこから徐々に徐々に、草の根活動でここまでなんとかやってきた。草の根(glass roots)こそLUZの精神。

フットサルを通じて仲間を増やし、フットサルを通じてスタッフとお客様を幸せにしていく。やっぱり俺たちはフットサルなんだろう。

Keep diggin FUTSAL = フットサルを追求し続ける。2018年春夏のテーマ。

フットサルに本気なるって事はフットサルギアのシューズは作らないと。それもマジなやつ。チャラチャラしたやつじゃない。フットサルユーザーが少なくなっているっていうこの時代でもフットサルにマジな奴は居る。そんな奴等が、試合でマジで履けるやつ。色は黒オンリー。

アウトソールも何もかも全てLUZオリジナル。だってマジだからね。LUZのスタッフは全員現役プレイヤー。自分達の何よりの強みはフットサル創世記からずっと蹴り続けていることとスタッフが全員蹴っている事。15年フットサルの事しか考えてないで蹴り続けてりゃ、イイシューズってのはもう履けば感覚的に分かる。それがLUZの強み。

流行の後に本物が残る。 っていう名言は僕が高校生のとき、Hiphop全盛期の時に聴いた言葉。あの時、Hiphopも流行になったけど、残った人はマジでリアルなシーンを作り上げ、今を謳歌している。自分はHiphopではリアルになれなかったがフットサルではリアルであり続けたい。LUZがそれに気づかせてくれた。

フットサルを追求し続ける旅は始まったばかり。今後のLUZに是非注目を!

生涯現役

最近サッカーチームに入った息子。基本水曜日と土曜日が練習。この曜日に実は困っている。。。

何故なら、父のチーム練習も土曜日の午前9時から。カブってしまうのだ。今週の土曜日は初の別会場での試合多目の4時間練習の日らしく、朝から不安がり泣く息子。

分かる分かる。何でも初めては不安で嫌だよね。だけどここでやらなかったらこれから先何にも出来なくなっちゃうよ。下手くそでミスしたっていいから思い切りやって楽しんで来な!

なんて先月20代の若手社員に話したような事を息子にも言いつつ。父と子は練習に行く。

普通だったら息子のサッカーを観に行くのかもしれないが、、父も来週は大事なリーグ戦を控えているため自分の練習に行かなくては。オーバー35のオフィシャルでもない、民間の私設リーグだが、、、そこには確かな情熱がある。目標はリーグ優勝奪還。そしてその先のチャンピオンシップリーグの優勝。そこを目指して朝から練習している。

10年前、20年前とは違う父と子の新しいフットボールライフの形。父は子のサッカーを観に行き、逆に子は父のフットサルを観に行く。いつかお互いのPLAYについてあーだったこーだったなんて話が出来たら面白い。

まだまだ38歳。気持ちは現役でPLAYしたいと思う。

父は自分の練習後に息子を迎えに行き、そこで奥さんと娘とも合流。そのままそこでおにぎりランチ。

朝、泣いていた息子はやはり練習が終わればケロッとしていて満足している。4試合中3試合は勝ったとか。ボールに触れたけど、ゴールは出来なかったとか。

そこで父が

「サッカーてのはな、90分のうちに一人がボールに触る時間は1分30秒しかないんだ。だから一つ一つのタッチを大事に、かつ判断早く~~~」って話を始めれば、、、

「出ました!パパのうんちく話し!」と娘。

そんな娘も弟にたまに うんちく話をしているのを本人は気づいていない。

その後は子供たちとこんなゲームをやったりして、、、

あるのは、家族とボールと芝生と太陽だけ。僕にとってこれ以上のフットボールライフはないかもしれない。何よりもそんな環境を受け入れてくれている奥さんに感謝!

これからもこの一瞬一瞬を楽しんでいこう。

Domingoと共に。