W杯

1979年生まれの僕にとってW杯を意識したのが1990年のイタリア大会。小学生の時、海外サッカーはおろか、日本のサッカーだってTVでは放送されていなかった。天皇杯とTOYOTACUPにかじりついた記憶はある。ダイヤモンドサッカーもあまり記憶になく。たまにやる昔からのW杯特集TVのVHSビデオを何度も観た。

ペレ・ベッケンバウアー、ゲルトミュラーにケンペス、クライフ、プラティニ、ブラジルカルテットにマラドーナ。。。往年の名プレイヤーのゴールシーンは今でも直ぐにイメージできる。

90年イタリア大会で前回チャンピオンのアルゼンチンが初戦のカメルーン戦でまさかの敗退。まるで今回のドイツのようだ。しかし、そんなアルゼンチンがまさか決勝までいくとは誰が予想しただろうか。。。今回のアルゼンチンももしかしたら、、、何てこともあるかもしれない。

1試合1試合にドラマがあり、やはりW杯は面白い。

今年で8歳になる息子。サッカーチームに通うようになって半年。

初めてのプレゼントは赤ん坊のころ2010年南アフリカ大会のデザインがされたサッカーボール。あれから8年。今はLUZのボールで蹴っている。

2018年W杯期間中、TVをつければW杯は全試合放送し、特集番組もものすごくある。今のサッカー少年はこれがもはや当たり前なんだろうな。。。BRASILやアルゼンチンの10番のPLAYをTVで観れるなら、かぶりついたものだが、、、息子はキャプテン翼のほうがかぶりつくようだ。

家の中でも蹴り始めて、いよいよスイッチが入ってきたか。父が小学校のころは本当にボールと一緒に寝たもんだが、彼はどうなることやら。とにかく今、フットボールのある家族と過ごす時間がとても楽しい。

そして今日もまたFリーグの試合を家族で観にきてみた。もちろんDomingoと共に。

Fリーグ開幕

遂にFリーグ開幕!もちろん家族で応援に!午前中は子供のサッカー。

午後はまさかのキャプテン翼を2話から8話まで子供達と一緒に観続けた。子供がどハマり。父も懐かしく一緒に楽しむ。キャプテン翼の魔法にかかった子供はもう蹴りたくてしょうがなくなってしまい、、Fリーグ入場前にひと蹴り。

翼マジックはいつになってもヤバイと実感。ロベルト本郷のオーバーヘッドに感化され、息子から、パパサッカーやるぞ!と。なんとも嬉しい一言。

そして待ちに待った一戦。浜松対名古屋。結果は、、、さておき、片鱗は観れたはず。。。

試合後は、

こうなる事が何より嬉しい。

また家族で観に行くか。次こそは勝利を!面白いPLAYを!

Domingoと共に。

日本一”通”なフットサル選手

〈LUZ FOOTWEAR〉Shoes Name/UNIVERSALEINTERVIEW with a Ryousuke Nishitani(Nagoya Oceans No.14)今シーズンからルースとシューズ契約を結んだ西谷良介選手(名古屋オーシャンズNo.14)のインタビュー動画が解禁‼︎ルースがシューズの契約を結んだのは、Fリーグで活躍する選手の中で、誰しもが"UNIVERSALE=万能選手" であると認め一目置かれてる西谷良介選手。通称パッシャン。「日本一のインサイドパサー」の異名を持ちシューズには人一倍こだわりを持つ西谷選手がルースのシューズ/ウニベルサーレについて語ってくれてます。今シーズン、ルースのシューズを履いてプレーする西谷選手に注目です。Film by Masahiro "Lai " AraiMusic by BomJa Break a.k.a Jambo Lacquer《LUZ online store》store.luz-e-sombra.com《全国LUZ取扱ショップリスト》http://luz-e-sombra.com/about/shop.html#luzesombra #football #style #futebol #culture #futbol #life #futsal #luz #フットサル #F_league #futebolista #LUZFOOTWEAR #respect #JamboLacquer #nagoyaoceans

LUZeSOMBRAさんの投稿 2018年6月8日(金)

 

UNIVERSALE = イタリアのフットサル用語で ”万能選手” を表す言葉。

 

FUTSALは1人の選手がオフェンスもディフェンスもこなす。攻めてばかり守ってばかりという人はいない。シュートもパスもドリブルも、ディフェンス、コースを切る、ブロックする。基本的には1人のPLAYERは何でも出来なくてはいけない。

今、日本のフットサル界で最も ”万能”な選手は誰か? LUZの答えは

 

西谷良介

 

だった。

 

ALA CORTAやBREAK THROUGH はどう考えても RIN とTOMOKIのために作ったもの。コンセプトもバッチリだ。しかし、LUZが本気でシューズを作るからには、いわゆるバランサーやPIVOにもハマるシューズも作らなくてはならない。

この”万能”というコンセプトに沿った選手に履いてもらう事が最も大事。ダントツにフットサルが上手いやつ。本当の意味でフットサルが上手いやつ。選手投票だったら1番になるんじゃないかっていうくらい、”通”なやつ。

 

それが 西谷選手。

 

 

日本一フットサルが上手いやつが イイ! って言ってくれるシューズを作ろう。

 

それが UNIVERSALE。

 

今週から何が始まるかって?

 

サッカーW杯?

 

 

イヤ、本当に ”通” なやつは 駒沢に出かけるだろう。なぜなら、開幕からこのUNIVERSALEを履いた西谷擁する名古屋オーシャンズとRINにTOMOKIにSHINにYUSAKUという本物のLUZcrewがいる浜松がいきなり対戦する。

その瞬間にしか出ない即興の連携をこの頭モジャモジャセットが見せてくれるはずだ。それを止める西谷。想像するだけでワクワクする。

だから週末はフットサルを観に出かけよう。

Domingoと共に。

 

 

 

フットサル県リーグ

神奈川フットサルの聖地 平沼体育館 で神奈川県リーグが開幕するとの事なので久しぶりに県リーグを1日ガッツリ観た。神奈川の地でフットサルの仕事をしている事、会社としての生涯現役を謳っているので、会社のスタッフが選手として4人出ている事もあり、どの試合も応援出来るチームがあり全試合が本当に楽しかった。

平沼でガチのリーグ戦を観るのは本当に10数年前の関東リーグだったか、スーパーリーグだったか以来かもしれない。

忘れもしないCASCAVEL と メイクナインの試合。【フットサル】を感じに行った試合。サッカー上がりの当時の僕らは無我夢中で目の前に繰り広げられる死闘にのめり込んだ。

平沼はピッチとの距離がメチャクチャ近いので選手の熱気がバシバシ伝わってくる。気持ちと気持ちのぶつかり合いは本当に激しく、CASCAVELのゴレイロ選手とメイクナインの選手で乱闘直前までいったことを思い出す。

豊島明が僕らのチームに入って、フットサルバリバリのチームと2時間マッチをして、1-21で負けるという【フットサルショック】を受けた僕ら。抜ける動きに全くディフェンスが付いて行けず、ボールも回せない。大敗した後に、豊島がエイトのボール回しを教えてくれてた頃。

とにかくフットサルの試合に飢えていた時期だった。関東リーグや選手権をガンガン観にいきメチャクチャ面白い時代だった。

10数年経っての平沼はやはり面白かった。都道府県地域リーグにしかない 熱さ がある。

そもそも何のために彼らはフットサルをやっているのか。趣味のために、土日の休みを犠牲にして、家族とのバランスの調和をして、この試合にかける。Fリーグを目指す訳でもない。本当にただの趣味。

その趣味にこれだけ情熱を注ぎ、フットサルを中心に生活をする。仕事の後、夜練習をするチームもあれば朝6時から練習してその後に仕事に行くチームもある。何故ここまでフットサルにのめりこむのか。

その答えは日本ではまだ誰も行き着いていないのかもしれない。

フットサル創世記の人たちは今なお現役でやっている人もいるしフットサルに関わる人たちがほとんど。【引退】っていう言葉はない。

今のところ、僕の周りでフットサルを引退している奴はいない。むしろもっともっと追求している奴らばかり。

10数年前に観ていた場所で今度はウチの会社の若い奴らを応援するっていうのも嬉しい。そして今は関係する人たちも本当に多く、県リーグはやっぱりいいなと感じた。

6月はいよいよFリーグも開幕する。この舞台で真剣な人間同士の魂のぶつかる試合を楽しみにしている。そして観た後は 蹴りてー!となってしまう自分でいれるように、、、これからも楽しもう。

Domingoと共に。

5月

今年の5月は最高に目まぐるしくも楽しい5月になった。

GWはCINEMA CARAVAN 逗子映画祭に出店、LUZ crewも皆参加。LUZイベントのいいところは皆それぞれ家族を連れてくること。仕事もしながら家族も楽しみ、父の仕事の理解も深まる。自分が子供のころは父の職場に行く事も無かったが、このFAMILY感は最高に楽しい。子供同士も直ぐに仲良くなり遊び回る。

うちの奥さんも毎年この逗子映画祭を楽しみにしている。女性がついつい買ってしまう可愛いアクセサリーを必ず1個は購入する。5/6は結婚記念日っていうのもお手伝いする。

そして5月は2年生の息子の市大会が毎週!あった。土日も練習試合や試合が組み込まれ、水曜、木曜練習に土日もチームで蹴る。最近じゃ、金曜日のOFFの遊びでもサッカーをやるらしい!その遊びのサッカーが凄く面白いらしい。

そうそう。鉄棒の端から端までと滑り台をゴールにして、スローインなしのあの遊びの中にこそ、アイデアが出て来るんだろう。

すっかりサッカー少年になったと思いきや、、、夢はインテリアデザイナー と呟く7歳の息子は映画 HOME ALONE の楽しさがやっと分かりゲラゲラ笑っていた。

 

GW終わった後は何といっても浜松天下蹴道会。当日inの日帰り組みだったのでアフター浜松は堪能できず。だがこの道中のcrewとの会話がまた楽しい。同じ空気感を共有出来てるのがLUZイベントの最高の部分。

 

その次の週は ACOCHIL!!

樹空の森に現れる最高にCHILでファミリーのツボを抑えたイベント。子供たちはまたcrewの家族の子供たちと夢中になって遊んでいた。

大自然の中、男を解き放つと帰ってこない。

 

最後の週末は息子のサッカーを見た後、そのままオニギリランチして午後は自分のシニアリーグへ!

大満足の5月。そしていよいよ夏が始まる。海に山にプールに、今年こそはCAMPに、、、楽しいことを今から考えておかなくては。FOOTBALLERの家族の休日はこんなにも楽しい。

運動会

娘が小学校に入学し、4度目の運動会。息子も2年生になり2回目。今年は2人ともリレーの選手に選ばれたとの事で俄然、親も気合が入る。

4回目ともなれば、大体場所取りやカメラスポットも大体分かってきているので、(FOOTART JUNクン風に言うと)愛用のバギーチェアにチェアと愛情たっぷりママのお弁当と夢を一杯詰め込んで、いざ会場へ。

横浜の運動会では昔から ソーラン節 を踊る。父も母も小学校の運動会では踊ったもんだ。それを自分の娘も精一杯踊っている。それが何だか懐かしくも嬉しい気分。父はしっかりとビデオに収める。

運動会のビデオ撮りのポイントは事前準備だ。母が前もって子供たちに、大体どこの場所で踊るのか?徒競走は何番目に走るのか?確認してくれていて、当日父にこのような紙を渡してくれる。こあとは希望の撮影場所を確保できれば準備OKだ。

我が家の恒例はその日の夕飯は撮ったビデオを見ながら食べる事。子供たちの踊りや走りの表情をゲラゲラ笑いながら見ている。こんなタイミングで昔の動画を観たりして、「うわー小さかったねー!なんて幼稚園時代の動画を見返したりもする。」そして父は撮った自分の映像も確認する。来年は絶対三脚を持っていこうと思った。娘が生まれたタイミングで買ったビデオカメラも10年使っている事になる。10年経てば今のカメラはだいぶ軽くていいんだろうなぁと思いながらも、普段はほとんどアイフォンで済ませているため、ビデオカメラの需要自体が減っている感じがする。

最近はビデオというよりも一眼レフカメラで写真で残す人のほうが多い感じもする。それで動画も撮れるし、、

これからの子供たちの成長の節目節目でまたビデオも撮り続けその度にまた見返し、成長を振り返るために撮っているんだろう。子供のためにと撮っているつもりが実は自分達が子供を無事に育てている達成感のために撮っているのかもしれない。あんなに小さかったのに、、こんなに大きくなって、、、、と感じるために。

次はどのシーンを収めようか。。。これからもベストシーンを撮りためていこう。

Domingoと共に。

grass roots

天下一やるよ!

今年の始まりだろうか、それは決まった。

浜松の皆様に本当のLUZを知って欲しい。

LUZeSOMBRA HAMAMATSU お店が出来て丸2年半。本当に多くのお客様にご来店して頂けるようになった。皆様はどのようなイメージを持ってお店に来てくれるのだろう。

FUTSALと言えばLUZだから?

ウェアがカッコいいから?

最近着ている人が多いから?

アグレミーナ浜松が着ているから?

LUZが大好きだから?

ご来店頂く事は本当に嬉しい。だけど来てくれた皆さんに本当のLUZを見せれていなかった。LUZがLUZであり続けれるrootsがある。それが

天下一 だ。

アイツはブラジルに行ってた。アイツはアルゼンチンでプロだったらしい。どこそこのアイツはめちゃ上手いらしい。。。

じゃあ、結局誰が1番上手いのよ?

とDirectorのSOHSHIが叫び、だったらその舞台をLUZが用意しようじゃないかと。っていうのが始まり。僕はこう思う。LUZの全てが天下一に詰まっていると。

それはYOU TUBEなんていうネットの世界では無く、REALな空間で体感する事が全て。MUSICとともに目の前で繰り広げられるガチなバトル。想像を超えるPLAYとMCの緩急のある煽り。。。選手とDJとMCと観客の一体感。この空間はLUZが作り上げているのではなく会場全体で作り上げているもんなんだ。

今回ご入場頂いたのは大人と子供併せて、300人ほど。この300人の浜松の方々は間違いなくLUZ TRIBE FUTEBOLiSTAになり、本当の意味で浜松の地に grass roots 草の根が根付いた記念的な日になった。

これを体感した後、『ボール蹴りてぇ~!』となる奴を増やす事。これが永遠の使命なのかもしれない。

また次なる夢の舞台まで、、明日から蹴り始めよう。

Domingoと共に。

やきもき

やきもき = 物事がどうなるかと気をもんで、いらだつさま。

息子がサッカーチームに入って4ヶ月。毎週のように試合が組み込まれて観にいける時は極力観に行っているが、試合を見ている時の僕の気持ちがこれ。

やきもきする。

まだまだ本気になっていない息子。どうやったらサッカーを本気で楽しんでくれるか、色々な伝え方を試行錯誤だ。友達と公園で遊ぶのが大好きな息子は、月曜日ピアノ・水・木・土サッカーで自由な日が火・金しかないことが不満のようだ。

自分の時は 月から日までオールフリー。4年生の頃にサッカースクールを始めて、始めてから幼馴染達と毎日、月-土曜まで日が暮れるまで蹴っていた。自由な遊び=サッカーだった。

気づけばサッカーにのめりこんでいたが、今思えばどこでスイッチが入ったのだろうか。覚えていない。そして息子のスイッチはどこで入るのか・・・辛抱強く見守っていたいと思う。

5/6は横浜市大会。家族全員で応援に行く。

試合当日、前半ベンチで後半からディフェンスで登場!1点取れるポジションではないものの、頑張って後半は無失点。。ニコニコして走ってはいるが、ボールへのガツガツ取りに行く感が足りない。。。。

まぁ、指導はコーチに任せて、、大きくクリアした一本をひたすら褒めるか。。。

試合前日こんなやりとりが、、

「5/6はパパとママの結婚記念日なんだよ。」と息子に言うと、、、ボソッと

「点取って喜ばせたいな。。。」と息子が言った。

今回はその気持ちだけで充分だわ。

いつか1点取った息子の姿を夢見て、、また次回も応援行くか。

Domingoと共に。

山と海と

この週末は友人家族と仲間と一緒に逗子まで山登りに 鷹取山へ!

気付いたら家族で山登りするのは初めてだった!子供達には色々と体感してもらいたい!

子供達ははしゃぎまくってグングン進んで行く。成長したなぁという気持ちと、危なっかしいという気持ちが交じる親。親の心子知らず。とはこの事か。

ズンズン進み、たまに険しい感じのところもあり、小さい子連れには丁度いい道程。時折観れる眺望が気持ちよく、、

こんな絶壁スポットで皆んなの度胸試しをしたりして、

子供達も清々しいっていう意味が分かったかな?

すれ違う人々にも自然に こんにちは が出る。やはり山は偉大。

危ないね。なんて言って久しぶりに手を繋いだりしてね。笑

そしてそして!

GWの逗子と言えばココしかない!LUZも出店している ZUSHI BEACH FILM FESTIVAL

子供達も大好きなこのイベント!この季節の太陽と風の下の海は最高に気持ちよく、、

奥さんもココでの買い物が毎年の恒例になっていて、、上機嫌!

男チームは海を相手に波に負けない防波堤を作る。

当然、波には勝てず海の偉大さに気づく。

それにしてもココは本当に天国。毎年来ても毎回心地いい。明日4/30はLUZ DAY!是非このparadiseを体感して欲しい。

家族のGWが遂にスタート!毎年訪れるGWを彩るのも父の役目。今年も楽しもう。

Domingoと共に。

週末

4/21 久しぶりの土曜日休み。この日は待ちに待ったLUZ culture shop のイベント Familiar de Domingoが開催される日。子供の対象年齢が6歳以下なのでこのイベントに子供を連れては行けないのだが、、、その裏で開催されるWORKSHOPが今回のお目当て。

こんなにオシャレなボールネット見たことありますか?これが手作りで作れるという事。お父さんは子供とフットボールイベント。お母さんはその時間それを見ているだけじゃなくて、子供のためにボールネットを編む。なんて素敵な企画なんだろう!

今回WORKSHOPを開催してくれたのは

@lino_lima_knit_macrame 

最高にオシャレ!是非ご覧戴きたい。

最近、息子のサッカーを見に行く機会が多くなった。我が家の場合、娘が居るので土日が息子のサッカーになると、娘はそれに付き合ってもらう形になる。親は息子のサッカーを見て応援するが娘は中々、そこまでの熱は入らず。公園が併設されてるグラウンドだったらまだいいが、何もないグランドなんかだと時間の使い方に困るときがある。

サッカーをやっている兄弟を持つ女の子には辛い時間になってしまうかもしれない。

最近、それが気になっていた。愛知県のブリンカールフットボールパークにはそんな女兄弟のためにダンススタジオが併設されているんだが!関東にはまだそんなスペシャルな施設はあまりないのかな?

だからこそ、こんな素敵なWORKSHOPでFOOTBALLにアプローチする方法もすごく良いと思う。弟のためにサッカーボールネットを編む。そんなFOOTBALLへの関わりを増やしてあげればなと思う。家族全員が楽しめる!っていうのがやっぱり最高。

普通だったらお母さんと一緒に参加するもんなんだろうが、ここは父と。

始めにすこし手まどっていたので思わず手を出してしまうと、 一人で出来るから大丈夫! っていう感じだったので、少しほっといちたら、結構最後のほうは焦りだして、、、皆でやる系で一人だけ遅れると焦るあの感じ。小学生だから一番遅いのは当たり前なんだが、最後のほうは パパ手伝って! 的な感じ。娘がいくつになっても頼られると受けたくなってしまうのが父なんだろうな。

午前を終えて今度は息子のサッカーのお迎えに。急にサッカー少年になった息子。今週はなんと、水曜・木曜・土日 と生まれて初めて週4回もサッカーをやったのでは!?まぁ、父が小学校の頃は毎日蹴っていたけどね。いつかは毎日蹴りたくてしょうがない少年になるのかどうか。

チームの練習週二回。友達と公園でサッカー週3回が理想。友達同士のSTREETサッカーにこそアイデアが沢山詰まっている。というのがLUZ流。

翌日は 自分のFUTEBOL Pai de Domingo !!よく晴れた日曜日の朝。日陰に入ると涼しい風が非常に心地よく最高に楽しかった。

今年に入って初参加してくれて、何回か来てくれるうちに今度は友達も誘ってきてくれたりっていうのが本当に嬉しい!

土曜日は子供と、日曜日は自分の。最高な週末なんだが、、ここは奥さんの頑張りなしではこれは出来ない。息子のサッカー練習の送り迎えなど、色々と調整してくれた奥さんに感謝!

帰りにハーゲンダッツのアイスクリームを買って、夜は一緒にドラマを観よう。

当たり前の日常なんだが、当たり前を当たり前と思わず、全てに感謝を持って日常を過ごそう。

Domingoと共に。