chus

今週は那須のChusに行った。建物そのものの在り方、使い方を学ぼうとする僕達にとっては正に絶好のタイミングでの体験だった。自分達のやりたい事を自分達で表現するとこんな箱が出来た!っていうような、夢のような箱。

地元の農家さんと取引し、店に入るとマルシェ。カフェでは美味しい野菜が沢山食べれて、時にはLiveもやったりビアガーデンやったり、、、そしてなんと宿までついている。。。という素晴らしさ。

建物は元々あった建物をリノベーションした造りで、天井が高く開放的な空間。地元や観光のお客さんが集まってくる。

テラスには【バターのいとこ】という本当に美味しいお菓子を作っていてすぐに食べれる。

子供たちは終始このハンモックで遊び通していた。

地元の農家さんをリスペクトし、地元を愛し、地元の人が楽しめる場所にしたい。というオーナーの気持ちが思いっきり伝わり、やはり人の力は凄いなと改めて思う。

どんなに素晴らしい箱でもそこで働く人の気持ちが一番。ここで働くSTAFFさんの半数以上は実は地元の人ではないらしく集まってくるらしい。そこで働く人達は本当に楽しそうに気持ちよく働いている姿が印象的だった。

ここが僕たちの地元にあったなら、、、通いつめることは間違いないし、仮にこんな施設とフットサルコートが隣接していて、友達の家族や同僚達と一緒に楽しんでそのまま泊まれたら、、、なんて素敵な夢を見た。

すぐ隣には SHOZO COFFEE という老舗のコーヒースタンドがあり、勉強しつつ、大きくなった娘と2ショット。

まだまだ一緒に2ショットをしてくれるあたりが嬉しい。車で10分のところには木の俣渓谷という透明度の高い川があり、子供たちは無邪気にはしゃぐ。

今回の子供構成はは男4人、女1人。男が4人集まるとそこはもうカオス。男4人でこんなにも凄いとはウチの奥さんもビックリ。

実は昨年も那須に来たのでまさか2年連続で来るとは思わなかったが、自然を満喫できた今回も子供達は大満足。

 

帰りにはまるで地下宮殿のような大谷資料館へ。神秘的な光景に圧倒され、、、餃子を食べて帰りました。

夏はまだまだ遊べる。この夏も思いっきり楽しもう。

Domingoと共に。

 

2018夏

シニアリーグの負けから1週間、8月に入り、19SS展示会も終わり、いよいよ夏本番。今年はこの仕事を始めて、15年。初めてのお盆休みをとる事が出来た。

我が家の夏休みはまずは辻堂ジャンボプールで幕を開ける。ここ4年くらい来てるのかな?湘南の気持ちよさとリーズナブル価格でついついここにいつも行ってしまう。

今年の異常気温のせいなのか、10:30ごろに行ってみると、、、なんとチケットを買うのに長蛇の列!!!チケットを買うのに1時間半待つとの事。駐車場も満車で先に奥さんと子供達を降ろすパターンのやつ。駐車場は運良く近場に直ぐに停めれたものの、35度を超える炎天下で1時間半はキツイ。

ふと、近くの看板を見ると セブンイレブンでファミリーチケット販売中! と書いてある。これはセブンでチケット買えるパターンだなと速攻電話で確認すると、セブンでもチケット買えるとの事。隣のセブンにチケットを買いに行き、すぐに入場に成功!

プール内は人が半端なかったが、、子供達も飽きる事なく、流れる、波、流れる、波を行ったり来たり。。。

よく飽きないな。。毎年子供達はここに来たいと言う。けどそれは他のプールを知らないから。来年は更なる楽しいプールに行くか。。

そして例年だと9月初めに行く、立石海岸の磯遊び。ここも3回目くらい?定番化しているスポット。今年は早くもここに来てしまった。

息子はとにかく磯遊びが大好き。魚やカニを探しては必死に追いかける。放っといたら満潮になって危ない状況になるくらい好き。

やはり父はカッコイイ所を見せなくてはと頑張る。稚魚ばかり取る息子に代わり大きめの魚をゲット。なんとか今年も面目を保った。

ここも少し慣れてきた感があるので、来年は違うところかな?やはり千葉が熱そうだ。

夏休みも息子は水曜、木曜、土日がサッカー。上の娘は小学4年。夏休みを親子で過ごすって本当に小学生の時じゃなきゃと思う。ヤバイ。娘の小学校時代の夏は今年を入れて3回しかない。。。やはり、キャンプに行きたい!父は強引に皆んなを説得し、テントを購入!今年はいよいよキャンプデビュー。

行き先は秘境、秘密村。

楽しい夏はこれから!今年も楽しもう!

Domingoと共に。

残り0秒

フットサルは残り0秒まで何が起きるかわからない。過去、全日本の神奈川県大会決勝で、Fリーグ湘南vs大阪戦で、、、残り0秒で追いつくという衝撃的な結果を観てきた。最後の最後まで何が起きるかわからない。フットサル、サッカーの世界では当然の事。

それがまさか自分に喜ばしくないほうで訪れるとは、、、横浜BUDDYシニアリーグ最終節。我々のチームは前回3試合で2勝1分けの勝ち点7。限りなく1番優勝に近いポジションからの残り3試合。

1試合目 前節7-0で勝っていたチームに 0-3で負け、

2試合目も 1-3 で落とし、迎えた3試合目。

他のチーム戦績からすると優勝するには絶対勝たなくては駄目な試合。ここでしっかり優勝し、チャンピオンシップでも優勝するのが一番の目標。

試合は拮抗し、前半0-0で終了。

 

後半もお互い拮抗した状態が続く。。。残り3分、、、

遂に我がチームが1点をもぎとった!!これで行ける!大丈夫だ。必死にディフェンスにくらいつく。

残り1分を切った。。自分が時間稼ぎをし、、、残り10秒。そのあたりまで時間を見た記憶がある。残り10秒。敵が左サイドでボールをキープ。チェックにいく自分。パスが縦に通り、、、中にフワッとシュート気味のボールが、、、ファーにいた敵に当たり、、、まさかの残り0秒で同点に追いつかれる。。。

 

という最悪の展開に。

 

結果的に、順位は3位となりチャンピオンシップにも出場できず。悔いても悔いきれない、、あそこの場面でももっと激しくプレスに行っていれば、、、たられば は尽きない。。。

この試合にどれだけ照準を絞ってこれたかどうか、仕事が忙しいとか関係ない。男としてこの敗戦は悔しいだろう。

とは年下の監督からの言葉。間違いない。

 

アマチュアとは言え真剣にやるからこそ、面白い。目標はまだまだ遠い。また次の練習から切替えて、次のリーグこそ優勝したいと思う。

 

生涯現役。

Domingoと共に。

 

先輩、すいませんでした。

週末

週末の金、土は KADS MIIDA FAMILYとLIVE SILK SCREEN PRINTINGイベント!もう4回目?かな。いつも心地いい空間を作ってくれるFAMILY。心地いい空間って、オシャレなだけじゃなく、人の雰囲気みたいなものが作り上げるモノ。間違いなくこの2日間はお客様はモチロン、STAFFも楽しい空間を皆で共有出来て最高。

MUSICはモチロン、SOUND LUZ の@unstopppableshio 最高です。

ハッチャンさんの芸術的なプリント。

この版をめくる時のフワッとする感じは何回見ても飽きない。

STAFF MINORI はこのイベント一番好きかも。って。いや、本当に暖かいMIIDA FAMILYのお陰。こんな素敵な人達に出会えるのって本当に幸せな事。LUZに関わってなかったら絶対出会ってない人たち。この出会いに感謝。

 

そして、、、日曜日。第4日曜日と言えば Pai de Domingo。35歳以上オヤジ達で35度の気温の中、蹴ってきました!この年にして初めてだったかも!こんな暑い中、蹴ったの。。。残り1時間はかなり、運動量が落ちたのは言うまでもなく。。。W杯終わりでイメージパンパンだったはずが、、、かなり追い込んできました。

 

 

皆さん、暑い中、お疲れさまでした!こんなにも暑い中、蹴ってる皆さんはREALです!

 

そして、、、

 

午後は子供たちの初めてのピアノ発表会!自分自身、初めてピアノの発表会に行った!ちょっと、しっかりした格好してきてね!と奥さんから言われたので、この暑い中でしたが、Domingo JKTで観てきました!

練習の成果を発揮した子供たち。一人で舞台に立ち、間違えても落ち着いて最後まで演奏でき、ほっと一息。日々日々、成長しているなぁ。。。

仕事と、FUTEBOLと子供たちと、、、何気ない1週間に満足。今はビール飲んでダラダラ中。幸せな時間はあっという間。これは決して当たり前の時間ではなく、奇跡的な特別な時間、、、

この瞬間、瞬間の幸せを噛みしめて過そう。。。

Domingoと共に。

世界最大の祭典 W杯 も残り1試合となってしまった。1ヶ月前、始まったばかりの頃は毎日毎日世界のスーパースター達のPLAYを観れて本当に幸せだった。民法でも毎日W杯特集。FUTEBOL好きには堪らない1ヶ月。

山手線ゲームが好きな息子はお題を「W杯に出てる国! チャンチャン、ブラジル!」とやりだすほど。

社内では朝来るととりあえず、前の試合の総括を皆で喋る。「フランス1点取ったらガチ引きだったねー」とか「ジェズスの持ち方は完全にPIVOだったね。」とか、、、本当に幸せな4年に1度のお祭り。

今回のW杯は何故だろうか、凄く面白い。何故なんだろう。。考えてみた。

一つはやはり日本代表の躍進があったからに違いない。予選1試合目のいきなり退場事件、2試合目の同点劇、3試合目の物議をかもしたボール回しに、、、決勝トーナメント1回戦での大逆転負け。。。全ての試合にドラマがあり、日本のサッカーで世界と真っ向から戦った。これは本当に凄かった。我々日本人が心の底から応援するのは日本代表だけ。

小学生の時はサッカー日本代表なんて全く意識していなかった。初めて意識したW杯はイタリア大会。マラドーナやドイツトリオ、ストイコビッチ、シーフォ、世界のスーパースターに憧れた。。中学の頃、Jリーグが出来てサッカー人気が高まり迎えたアメリカ大会予選。W杯に最も近づいた ドーハの悲劇。忘れもしないサッカーの残酷な一面。

日本は弱い。。

初出場となるフランス大会。予選リーグ3連敗。

日本は弱い。。。

僕が10代の頃は日本は弱かった。日本ダセェなと擦れていた。日本弱いし、出来るならイタリアやスペイン、ブラジルサッカー強い国に生まれたかったな。と本気で思っていた。

日本弱いしサッカーダセェ。蹴るならフットサルでしょ?

ジャージはサッカーっぽくてダセェ。スウェットで蹴るのがブラジルっぽくてカッコいいでしょ?

って言う感覚でフットサルを始めたかもしれない。

しかし、、、

その当時から心の底から応援出来るのは日本代表だけ。大人になって日本という国の素晴らしさを改めて感じ、純粋に応援している。

海外に行った時、日本の安全、環境、利便性は半端じゃないと感じた時、

そして多くの災害を受けても尚、多大なる愛によって励まし合う日本人の気質。今は日本に生まれて本当に良かったと感じる。

昔はW杯出場が目的だったが、今やW杯ベスト8が目標だ。今の子供たちは皆サッカー日本代表に憧れている。こんなにも素晴らしい環境で蹴れる事に感謝し、心の底からサッカーを楽しんで欲しい。と父は思う。

次のW杯の時、息子は6年生だ。サッカー少年はどんな姿になっているのか。。。1vs1で息子に負ける事を夢見て、今夜の決勝を楽しもう。

本日の浜松で開催されたお祭りも大盛況。次の祭りも楽しもう。

Domingoと共に。

浜松新シーズン

サッカーで1979年生まれといえばゴールデンエイジ。小野、稲本、高原、中田浩二に本山、小笠原などなど。うちの会社もサッカーと同じく1979年生まれが多い。その次は本田、岡崎などと同じ86年生まれが多い。

浜松に新たに加入した曽根ちゃん。彼も1979年生まれ。しかも誕生日が僕と同じで奥様の名前と年齢も僕の奥さんと一緒、娘と息子という家族構成も同じという、、ビックリな彼。

彼がLUZに加入して初めてのシーズンホーム開幕を迎える。今年の浜松は一癖も二癖もある。目指すのは【魅せて勝つ。】フットサルにおける最高に楽しいところ。【相手の想像を超えてくるPLAY】その一瞬のチームのセッションで点を取ることこそが本当に見てても面白いところ。

そんなPLAYを今シーズン何回も魅せてほしいし、勝ってほしい。これは究極の理想。その理想を追求し続ける彼らを応援したい。

曽根ちゃんは言わずもがな元アグレミーナの選手。彼はこう言う。

『今のメンバーとももっとやってみたかったな。。。』

曽根ちゃんがワクワクする要素が浜松にはある。本当に楽しみだ。

曽根ちゃんは今、店頭というフィールドで想像を超えるうなぎドリブルを彷彿させる絶妙なトークで目の前にいるお客さんを喜ばせている。

もちろん、彼自身まだ県リーグで蹴っており生涯現役を貫いているし、家族と共にフットボールのある生活を楽しんでいる。浜松は今年も熱い熱いお店になる事は間違いない。

Domingoと共に。

W杯

1979年生まれの僕にとってW杯を意識したのが1990年のイタリア大会。小学生の時、海外サッカーはおろか、日本のサッカーだってTVでは放送されていなかった。天皇杯とTOYOTACUPにかじりついた記憶はある。ダイヤモンドサッカーもあまり記憶になく。たまにやる昔からのW杯特集TVのVHSビデオを何度も観た。

ペレ・ベッケンバウアー、ゲルトミュラーにケンペス、クライフ、プラティニ、ブラジルカルテットにマラドーナ。。。往年の名プレイヤーのゴールシーンは今でも直ぐにイメージできる。

90年イタリア大会で前回チャンピオンのアルゼンチンが初戦のカメルーン戦でまさかの敗退。まるで今回のドイツのようだ。しかし、そんなアルゼンチンがまさか決勝までいくとは誰が予想しただろうか。。。今回のアルゼンチンももしかしたら、、、何てこともあるかもしれない。

1試合1試合にドラマがあり、やはりW杯は面白い。

今年で8歳になる息子。サッカーチームに通うようになって半年。

初めてのプレゼントは赤ん坊のころ2010年南アフリカ大会のデザインがされたサッカーボール。あれから8年。今はLUZのボールで蹴っている。

2018年W杯期間中、TVをつければW杯は全試合放送し、特集番組もものすごくある。今のサッカー少年はこれがもはや当たり前なんだろうな。。。BRASILやアルゼンチンの10番のPLAYをTVで観れるなら、かぶりついたものだが、、、息子はキャプテン翼のほうがかぶりつくようだ。

家の中でも蹴り始めて、いよいよスイッチが入ってきたか。父が小学校のころは本当にボールと一緒に寝たもんだが、彼はどうなることやら。とにかく今、フットボールのある家族と過ごす時間がとても楽しい。

そして今日もまたFリーグの試合を家族で観にきてみた。もちろんDomingoと共に。

Fリーグ開幕

遂にFリーグ開幕!もちろん家族で応援に!午前中は子供のサッカー。

午後はまさかのキャプテン翼を2話から8話まで子供達と一緒に観続けた。子供がどハマり。父も懐かしく一緒に楽しむ。キャプテン翼の魔法にかかった子供はもう蹴りたくてしょうがなくなってしまい、、Fリーグ入場前にひと蹴り。

翼マジックはいつになってもヤバイと実感。ロベルト本郷のオーバーヘッドに感化され、息子から、パパサッカーやるぞ!と。なんとも嬉しい一言。

そして待ちに待った一戦。浜松対名古屋。結果は、、、さておき、片鱗は観れたはず。。。

試合後は、

こうなる事が何より嬉しい。

また家族で観に行くか。次こそは勝利を!面白いPLAYを!

Domingoと共に。

日本一”通”なフットサル選手

〈LUZ FOOTWEAR〉Shoes Name/UNIVERSALEINTERVIEW with a Ryousuke Nishitani(Nagoya Oceans No.14)今シーズンからルースとシューズ契約を結んだ西谷良介選手(名古屋オーシャンズNo.14)のインタビュー動画が解禁‼︎ルースがシューズの契約を結んだのは、Fリーグで活躍する選手の中で、誰しもが"UNIVERSALE=万能選手" であると認め一目置かれてる西谷良介選手。通称パッシャン。「日本一のインサイドパサー」の異名を持ちシューズには人一倍こだわりを持つ西谷選手がルースのシューズ/ウニベルサーレについて語ってくれてます。今シーズン、ルースのシューズを履いてプレーする西谷選手に注目です。Film by Masahiro "Lai " AraiMusic by BomJa Break a.k.a Jambo Lacquer《LUZ online store》store.luz-e-sombra.com《全国LUZ取扱ショップリスト》http://luz-e-sombra.com/about/shop.html#luzesombra #football #style #futebol #culture #futbol #life #futsal #luz #フットサル #F_league #futebolista #LUZFOOTWEAR #respect #JamboLacquer #nagoyaoceans

LUZeSOMBRAさんの投稿 2018年6月8日(金)

 

UNIVERSALE = イタリアのフットサル用語で ”万能選手” を表す言葉。

 

FUTSALは1人の選手がオフェンスもディフェンスもこなす。攻めてばかり守ってばかりという人はいない。シュートもパスもドリブルも、ディフェンス、コースを切る、ブロックする。基本的には1人のPLAYERは何でも出来なくてはいけない。

今、日本のフットサル界で最も ”万能”な選手は誰か? LUZの答えは

 

西谷良介

 

だった。

 

ALA CORTAやBREAK THROUGH はどう考えても RIN とTOMOKIのために作ったもの。コンセプトもバッチリだ。しかし、LUZが本気でシューズを作るからには、いわゆるバランサーやPIVOにもハマるシューズも作らなくてはならない。

この”万能”というコンセプトに沿った選手に履いてもらう事が最も大事。ダントツにフットサルが上手いやつ。本当の意味でフットサルが上手いやつ。選手投票だったら1番になるんじゃないかっていうくらい、”通”なやつ。

 

それが 西谷選手。

 

 

日本一フットサルが上手いやつが イイ! って言ってくれるシューズを作ろう。

 

それが UNIVERSALE。

 

今週から何が始まるかって?

 

サッカーW杯?

 

 

イヤ、本当に ”通” なやつは 駒沢に出かけるだろう。なぜなら、開幕からこのUNIVERSALEを履いた西谷擁する名古屋オーシャンズとRINにTOMOKIにSHINにYUSAKUという本物のLUZcrewがいる浜松がいきなり対戦する。

その瞬間にしか出ない即興の連携をこの頭モジャモジャセットが見せてくれるはずだ。それを止める西谷。想像するだけでワクワクする。

だから週末はフットサルを観に出かけよう。

Domingoと共に。

 

 

 

フットサル県リーグ

神奈川フットサルの聖地 平沼体育館 で神奈川県リーグが開幕するとの事なので久しぶりに県リーグを1日ガッツリ観た。神奈川の地でフットサルの仕事をしている事、会社としての生涯現役を謳っているので、会社のスタッフが選手として4人出ている事もあり、どの試合も応援出来るチームがあり全試合が本当に楽しかった。

平沼でガチのリーグ戦を観るのは本当に10数年前の関東リーグだったか、スーパーリーグだったか以来かもしれない。

忘れもしないCASCAVEL と メイクナインの試合。【フットサル】を感じに行った試合。サッカー上がりの当時の僕らは無我夢中で目の前に繰り広げられる死闘にのめり込んだ。

平沼はピッチとの距離がメチャクチャ近いので選手の熱気がバシバシ伝わってくる。気持ちと気持ちのぶつかり合いは本当に激しく、CASCAVELのゴレイロ選手とメイクナインの選手で乱闘直前までいったことを思い出す。

豊島明が僕らのチームに入って、フットサルバリバリのチームと2時間マッチをして、1-21で負けるという【フットサルショック】を受けた僕ら。抜ける動きに全くディフェンスが付いて行けず、ボールも回せない。大敗した後に、豊島がエイトのボール回しを教えてくれてた頃。

とにかくフットサルの試合に飢えていた時期だった。関東リーグや選手権をガンガン観にいきメチャクチャ面白い時代だった。

10数年経っての平沼はやはり面白かった。都道府県地域リーグにしかない 熱さ がある。

そもそも何のために彼らはフットサルをやっているのか。趣味のために、土日の休みを犠牲にして、家族とのバランスの調和をして、この試合にかける。Fリーグを目指す訳でもない。本当にただの趣味。

その趣味にこれだけ情熱を注ぎ、フットサルを中心に生活をする。仕事の後、夜練習をするチームもあれば朝6時から練習してその後に仕事に行くチームもある。何故ここまでフットサルにのめりこむのか。

その答えは日本ではまだ誰も行き着いていないのかもしれない。

フットサル創世記の人たちは今なお現役でやっている人もいるしフットサルに関わる人たちがほとんど。【引退】っていう言葉はない。

今のところ、僕の周りでフットサルを引退している奴はいない。むしろもっともっと追求している奴らばかり。

10数年前に観ていた場所で今度はウチの会社の若い奴らを応援するっていうのも嬉しい。そして今は関係する人たちも本当に多く、県リーグはやっぱりいいなと感じた。

6月はいよいよFリーグも開幕する。この舞台で真剣な人間同士の魂のぶつかる試合を楽しみにしている。そして観た後は 蹴りてー!となってしまう自分でいれるように、、、これからも楽しもう。

Domingoと共に。